蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

ミート・ザ・ペアレンツ

(ドリームワークス/実写)

『 ミート・ザ・ペアレンツ 』
原題 : Meet the Parents
製作 : 2000年
製作国 : アメリカ

娘のボーイフレンドをいびる厳格な父親と、彼に気に入られようと苦戦する青年との関係を描くコメディ。
シカゴの病院で働く看護士グレッグ(ベン・スティラー)は、小学校の教師をしているパム(テリー・ポロ)との結婚を許してもらうため、彼女の両親、父ジャック(ロバート・デ・ニーロ)と母ディーナ(ブライス・ダナー)が住むロング・アイランドの高級住宅地へと向かう。なんとかジャックに気に入られようと努力するグレッグだったが、猫好きのジャックは彼が猫嫌いなのも、また姓がファッカーに似たフォッカーなのも気に入らず、全ては仇となるばかり。そして、ジャックは嘘発見器なるものを持ち込み、グレッグを質問責めにする。実はジャックは元CIAで、心理尋問のプロだったのだ。しかも翌日、貸し衣裳屋で、ジャックはグレッグが脱いだ上着のポケットにマリファナパイプを見つけて、彼の麻薬疑惑を深めてしまう。さらにパムの前の婚約者だったケヴィン(オーウェン・ウィルソン)の豪邸で、ジャックは空港から届いたスーツケースの中にあったSM道具をグレッグのものだと勘違いして、身元調査まで始めてしまった。やがてさんざんな目に遭い、家を追い出されてしまったグレッグは、一人寂しく空港に向かう。しかし娘が本当に彼を愛していると気づいたジャックは、空港まで車を走らせグレッグを引き止めに行った。かくしてグレッグとパムの結婚は許されたのだが、先の滞在中に隠しカメラで撮られた、グレッグがジャックに悪態をつく姿の映像を、ジャックが一人見つめるというオチがつくのだった。



スタッフ :
監督 : ジェイ・ローチ
脚本 : ジム・ハーツフェルド、ジョン・ハンバーグ
原案 : グレッグ・クレンナ、メアリー・ルース・クラーク
製作 : ナンシー・テネンボーム、ジェーン・ローゼンタール、ロバート・デ・ニーロ、ジェイ・ローチ
撮影 : ピーター・ジェームズ
美術 : ラスティ・ジェイムス
音楽 : ランディ・ニューマン
編集 : ジョン・ポール
衣裳 : ダニエル・オルランディ

キャスト :
ジャック・バーンズ : ロバート・デ・ニーロ
ゲイロード“グレッグ”・フォッカー : ベン・スティラー
パメラ“パム”・バーンズ : テリー・ポロ
ディナ・バーンズ : ブライス・ダナー
デボラ“デビー”・バーンズ : ニコル・デハッフ
デニー・バーンズ : ジョン・エイブラハムズ
ケヴィン・ローリー : オーウェン・ウィルソン
ロバート“ボブ”・バンクス : トーマス・マッカーシー
ラリー・バンクス : ジェームズ・レブホーン
[ 2020/08/14 15:00 ] ドリームワークス実写 | TB(-) | CM(-)

キャスト・アウェイ

(ドリームワークス実写)

『 キャスト・アウェイ 』
原題 : Cast Away
製作 : 2000年
製作国 : アメリカ

宅配便フェデックスのシステム・エンジニア、チャック・ノーランド(トム・ハンクス)は、恋人ケリー(ヘレン・ハント)と久しぶりに時間を過ごした後、南米行きの飛行機へ乗り込んだ。しかしその飛行機は、太平洋上で墜落。ふと気がつくと、チャックは無人島に流れ着いていた。近くを通る船はなく、彼はたった一人で、さまざまな工夫を凝らし、無人島で生活する術を身につけていく。友達はバレーボールのウィルソンだけだった。それから4年。原人のような姿になった彼は、ついにいかだを作って島を脱出する。荒れ狂う波でいかだは半壊になってしまうが、危機一髪で近くを通りかかった大型船に救出された。それから4週間後、彼は地元のメンフィスへ帰る。しかしケリーは、歯科医のジェリー(クリス・ノス)と結婚して、子供まで作っていた。チャックとケリーはまだお互いに愛し合いながらも、それぞれの道を歩むことを決意するのだった。



スタッフ :
監督 : ロバート・ゼメキス
製作 : スティーヴ・スターキー 、 トム・ハンクス 、 ロバート・ゼメキス 、 ジャック・ラプケ
製作総指揮 : ジョーン・ブラッドショウ
脚本 : ウィリアム・ブロイルス・ジュニア
撮影 : ドン・バージェス
音楽 : アラン・シルヴェストリ
美術 : リック・カーター
編集 : アーサー・シュミット
衣裳 : ジョアンナ・ジョンストン

キャスト :
チャック・ノーランド : トム・ハンクス
ケリー・フレアーズ : ヘレン・ハント
スタン : ニック・サーシー
ベッカ・トウィグ : ジェニファー・ルイス
ユーリ : ピーター・フォン・バーグ
ジェリー・ロベット : クリス・ノース
ベッティーナ・ピーターソン : ラリ・ホワイト
アルバート・“アル”・ミラー : ヴィンス・マーティン
フレッド・スミス : フレッド・スミス(本人役)
[ 2020/08/12 15:00 ] ドリームワークス実写 | TB(-) | CM(-)

あの頃ペニー・レインと

(ドリームワークス/実写)

『 あの頃ペニー・レインと 』
原題 : Almost Famous
製作 : 2000年
製作国 : アメリカ

音楽ライターをめざす純粋な少年の初恋と成長をみずみずしく描く。
1973年、大学教授の母(フランシス・マクドーマンド)と暮らす知的で陽気な15歳の少年ウィリアム(パトリック・フュジット)は、姉アニタ(ズーイー・デシャネル)が教えたロック音楽の魅力に取り憑かれ、学校新聞などにロック記事を書いていた。やがて、伝説のロック・ライターでクリーム誌の編集長、レスター・バングス(フィリップ・シーモア・ホフマン)に認められ、さらにローリングストーン誌からも声がかかり、ウィリアムが愛する新進バンド、スティルウォーターのツアーに同行取材をすることになる。そして、このバンドを追う少女たちの中にいた、一際美しいペニー・レイン(ケイト・ハドソン)に恋をするのだが、彼女はスティルウォーターのギタリスト、ラッセル(ビリー・クラダップ)と付き合っていた。それでもウィリアムの恋心は変わらず、ツアーの刺激的な毎日を楽しんでいた。しかしやがてペニー・レインは、NYでラッセルの本命の恋人が現われたため、睡眠薬で自殺を図る。ウィリアムの助けで彼女は一命を取り止めるが、それはお祭り騒ぎの終焉を意味していた。そして飛行機事故の危機をなんとか切り抜け、ウィリアムの旅は終わるのだった。



スタッフ :
監督 : キャメロン・クロウ
脚本 : キャメロン・クロウ
製作 : キャメロン・クロウ、イアン・ブライス
共同製作 : リサ・スチュワート
撮影 : ジョン・トール
美術 : クレイ・A・グリフィス、クレイトン・アール・ハートレイ
音楽 : ナンシー・ウィルソン
音楽監修 : ダニー・ブラムソン
編集 : サー・クライン
衣裳 : ベッツィ・ヘイマン

キャスト :
ウィリアム・ミラー : パトリック・フュジット
ペニー・レイン : ケイト・ハドソン
ラッセル・ハモンド(ロックスター) : ビリー・クラダップ
エレイン・ミラー(ウィリアムの母) : フランシス・マクドーマンド
ジェフ・ベイブ : ジェイソン・リー
ポレキシア・アフロディシア : アンナ・パキン
サファイア : フェアルザ・バルク
ディック・ロスウェル : ノア・テイラー
アニタ(ウィリアムの姉) : ズーイー・デシャネル
レスター・バングス : フィリップ・シーモア・ホフマン
ベン・フォン・トーレス : テリー・チェン
[ 2020/08/10 15:00 ] ドリームワークス実写 | TB(-) | CM(-)
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ