蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画と曲名を知らなくても聞いたことのある60年代の名曲。(男性アーティスト)
スタンド・バイ・ミー(1961年)

by ベン・E・キング

映画「スタンド・バイ・ミー」(1986年)の主題歌

がんばれ!がんばれ!ベンジー

(ディズニー実写)

『 がんばれ!がんばれ!ベンジー 』
原題 : Benji the Hunted
製作 : 1987年
製作国 : アメリカ

犬のベンジーの活躍を描く“ベンジー”シリーズ4作目。
ベンジーは、育ての親フランク・イン(本人)に連れられて釣りに出たが、嵐で舟が転覆。やっと岸にたどりついたものの、フランクの姿はどこにもない。森の中でたったひとりになってしまったベンジーは、やがて、クーガーの赤ちゃんたちを見つける。そのクーガーの赤ちゃんたちも、無謀なハンターのせいで親を失ってしまったのだ。まだ小さくて何もわからないクーガーの赤ちゃんたちの面倒をみてあげようと、ベンジーは、彼らの親がわりになった。まず、ベンジーは彼らの住み家を見つけてあげようと森のあちこちを探した。森の中にはウサギやフクロウ、カエルなど、やさしい動物たちがいっぱいいるが、恐ろしいクマやオオカミなどの天敵もいる。ベンジーの前にコザックグマが宙を飛び、すぐそばにいたオオカミの傍に着地。からくも逃げだすべンジー。さらにピューマなども現われる。クーガーたちを守ったベンジーは、やがて主人のフランクの呼び声を耳にするのだった。



スタッフ :
監督 : ジョー・キャンプ
脚本 : ジョー・キャンプ
製作総指揮 : エド・ヴァンストン
製作 : ベン・ヴォーン
撮影 : ドン・レディ
音楽 : ユーエル・ボックス、ベティ・ボックス

キャスト :
ベンジー : ベンジー
ハンター : レッド・スティーガル
ニュースキャスター : ナンシー・フランシス
TVカメラマン : マイク・フランシス
フランク・イン : 彼自身
[ 2019/07/21 15:00 ] ディズニー実写 | TB(-) | CM(-)

追いつめられて

(アクション/サスペンス)

『 追いつめられて 』
原題 : No Way Out
製作 : 1987年
製作国 : アメリカ

国防長官の愛人だった恋人が殺され、その濡れ衣をきせられた男の孤独な戦いを描いたサスペンス。
海軍将校トム・ファレル(ケヴィン・コスナー)は、国防長官デイヴィッド・ブライス(ジーン・ハックマン)の秘書である友人、スコット・プリチャード(ウィル・パットン)の招きで長官の就任舞踏会に出かけた。そして会場で美しい女性スーザン・アットウェル(ショーン・ヤング)と出逢い、恋に落ちる。フィリピンで勇敢に任務を果たしたファレルは、英雄として新聞に載る。数日後、ワシントンに戻ったファレルは、記事を見たブライスの直属のスタッフとなる。スーザンとの再会。が、スーザンにはファレルと会う以前から愛人がいた。それはブライスだった。ある週末、ファレルとスーザンはドライヴに出かけた。愛を確かめ合う2人。スーザンの部屋に帰った2人は、突然、ブライスの訪問を受ける。スーザンとの押問答の末、ファレルは窓から外へ。ブライスは、ファレルの影に気付いた。嫉妬に狂ったブライスは、スーザンを2階から突き落とす。混乱するブライスは、プリチャードに助けを求めた。プリチャードは、スーザンはもう1人の恋人に殺された、その男はソ連のスパイで、国家安全のため48時間以内に抹殺、という筋書きを考え出す。翌朝、ブライスとプリチャードは犯人の調査をファレルに依頼した。スーザンの死を知るファレル。ブライスとスーザンの接点になる材料は消された。スーザンの部屋で発見された不鮮明なファレルの写真も、重要証拠として提出された。ファレルを狙って巨大な組織が動き出したのだ。ファレルは、作業の指揮者で友人のサムに身の潔白を告白。作業を遅らせた。サムから真相を聞いたプリチャードは、サムを射殺した。追いつめられたファレルは、宝石箱のデータをブライスに突きつけた。背後には、プリチャード、3人の男のそれぞれの思惑がからみ合う。が、海軍少佐トム・ファレル--彼には、大きな秘密が隠されていた。ファレルは、実際にソ連側のスパイだったのだ。新たな任務を命じられて部屋を出るファレルの顔に複雑な表情が浮かんだ。



スタッフ :
監督 : ロジャー・ドナルドソン
脚本 : ロバート・ガーランド
原作 : ケネス・フィアリング
製作総指揮 : メイス・ニューフェルド
製作 : ローラ・ジスキン、ロバート・ガーランド
撮影 : ジョン・オルコット
音楽 : モーリス・ジャール

キャスト :
トム・ファレル : ケヴィン・コスナー
デヴィッド・プライス : ジーン・ハックマン
スーザン・アトウェル : ショーン・ヤング
スコット・プリチャード : ウィル・パットン
デュバル上院議員 : ハワード・バフ
サム・ヘッセルマン : ジョージ・ズンザ
ニーナ・ベカ : イマン・アブドゥルマジド
マーシャル : フレッド・ダルトン・トンプソン
ケビン・オブライエン : レオン・ラッサム
[ 2019/07/19 15:00 ] サスペンス | TB(-) | CM(-)

リーサル・ウェポン

(アクション/アクション)

『 リーサル・ウェポン 』
原題 : Lethal Weapon
製作 : 1987年
製作国 : アメリカ

家庭思いの黒人刑事と自殺志望の刑事が、麻薬組織を潰滅させるまでの警察アクション。
ロサンゼルス、高層アパートから娼婦(ジャッキー・スワンソン)が飛び降り自殺をする。50歳の誕生日を妻トリッシュ(ダーレン・ラヴ)、娘リアン(トレーシー・ウルフ)らに祝福されて家を出た黒人刑事ロジャー・マートフ(ダニー・グローヴァー)が捜査に当たる。被害者アマンダが戦友の銀行家マイケル(トム・アトキンス)の娘と知り暗然とした気持ちになるロジャー。署につき、新しい相棒が、自殺志望で麻薬課から移ってきたマーティン・リッグス(メル・ギブソン)と知り、ますます沈む。マーティンは妻を交通事故で亡くし、毎朝目覚めると拳銃を顔に向けるのだった。屋上から自殺志望者とともに下の緩衝マットに飛び降りて、またロジャーを嘆かせた。アマンダのパトロン宅を訪ねて、銃撃戦を展開。夜、ロジャーはマーティンを家へ招き、2人は胸襟を開きあう。ロジャーはマイケルを問い詰め、ヴェトナム戦争当時の特殊部隊の一部がその後、将軍(ミッチェル・ライアン)指揮のもとに大掛りなヘロイン密輸を行ない、マイケルの銀行を隠れ蓑にしていたことを聞き出すが、将軍の手下のジョシュア(ゲイリー・ビジー)がヘリで襲来してマイケルを射殺してしまう。その後、マーティンはジョシュアに生命を狙われ、危うく助かるが、敵を欺くため殉死と発表する。リアンがさらわれ、ロジャーは砂漠に呼び出される。マーティンが隠れて狙撃するが、つかまってしまい、マイケルからどれだけ聞いたかと拷問される。しかし、死力を振りしぼり、反撃に転じた。ロジャーは将軍の車に銃弾をぶちこみ、車はバスに激突し、中にあった手榴弾が爆発し将軍は焼死する。車で逃げ出したジョシュアをマーティンが疾走して追いかけるが、逃げられてしまう。彼はロジャー宅に急ぐが、誰もいなかった。マーティンが来て2人は素手で殴り合い決着をつけることにした。死闘の末、ジョシュアは破れた。しかし、抱き起こした警官の銃を抜き取りマーティンとロジャーを狙う。その一瞬前にマーティンとロジャーはともに銃を抜きジョシュアを射殺する。自殺願望がなくなったマーティンはロジャー宅でクリスマスを過ごす。



スタッフ :
監督 : リチャード・ドナー
脚本 : シェーン・ブラック
製作 : リチャード・ドナー、ジョエル・シルヴァー
撮影 : スティーブン・ゴールドブラット
美術 : J・マイケル・リヴァ
音楽 : マイケル・ケイメン、エリック・クラプトン
編集 : スチュアート・ベアード

キャスト :
マーティン・リッグス : メル・ギブソン
ロジャー・マータフ : ダニー・グローヴァー
ジョシュア : ゲイリー・ビジー
マカリスター将軍 : ミッチェル・ライアン
マイケル・ハンサカー : トム・アトキンス
トリッシュ・マータフ : ダーリン・ラヴ
リアン・マータフ : トレイシー・ウォルフ
アマンダ・ハンサカー : ジャッキー・スワンソン
マーフィ警部 : スティーブ・カーン
精神科医 : メアリー・エレン・トレイナー
ボイエット刑事 : グランド・L・ブッシュ
マッカスキー刑事 : ジャック・チボー
刑事 : ドン・ゴードン
メンデス : エド・オロス
[ 2019/07/17 15:00 ] アクション | TB(-) | CM(-)
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ