蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

私がクマにキレた理由

(ドラマ/コメディ)

『 私がクマにキレた理由 』
原題 : The Nanny Diaries
製作 : 2007年
製作国 : アメリカ

私がクマにキレた理由

NYのあるセレブ一家のベビーシッターとなったヒロインが、彼らのワガママに振り回されつつも涙と笑いの悪戦苦闘を繰り広げていくコメディ。
マンハッタンにある超高級アパートの一室。クマのぬいぐるみに向かって怒りを爆発させる一人の女性がいた。彼女の名はアニー・ブラドック(スカーレット・ヨハンソン)。アパートの住人であるX家に雇われ、5歳の息子グレイヤー(ニコラス・リース・アート)の面倒を見ているナニーだった。数ヶ月前。大学を卒業したアニーは、大手投資銀行の就職面接を受ける。しかし「あなたのしたいことは何?」という質問に答えることができず、不合格。落ち込んでいたアニーは、事故に会いそうになったグレイヤーを助けたことから母親のミセスX(ローラ・リニー)と知り合い、ナニーとして雇われたのだった。こうして始まったX家での日々。だが、ベビーシッターの経験すらないアニーは、息子の面倒をまったく見ないミセスXと気まぐれなグレイヤーに翻弄されっぱなし。プライベートな時間もまったく取れず、家政婦からは“前任者はデート一回でクビになった”と脅される始末。悪戦苦闘が続く中、両親にかまってもらえないグレイヤーの寂しさを知ったアニーは、彼に愛情を感じるようになっていく。そして、ようやく手に入れたプライベートタイム。親友のリネット(アリシア・キーズ)を連れて繰り出したバーで知り合ったのは、X家と同じアパートに住むハーヴァード(クリス・エヴァンス)。やがてアニーとハーヴァードは距離を縮めていく。ある時、X家全員で避暑地へ。同行したアニーは、グレイヤーに加え他の家庭の子供達の面倒まで見る羽目に。その上、グレイヤーの父親ミスターX(ポール・ジアマッティ)からはセクハラを受け、ミセスXからは解雇を言い渡されてしまう。さらに、ミセスXがハーヴァードからの電話を取り次いでいなかったことを知り、ついに怒りは頂点に。かくしてマンハッタンのX家留守宅に乗り込んでいったアニーは、子供部屋で監視カメラを仕掛けたクマのぬいぐるみを発見する。



スタッフ :
監督 : シャリ・スプリンガー・バーマン、ロバート・プルチーニ
脚本 : シャリ・スプリンガー・バーマン、ロバート・プルチーニ
製作総指揮 : ハーヴェイ・ワインスタイン、ボブ・ワインスタイン、ケリー・カーマイケル、ダニエル・ウルフ
製作 : リチャード・N・グラッドスタイン
撮影監督 : テリー・ステイシー
美術 : マーク・リッカー
音楽 : マーク・スオッゾ
音響効果 : アラン・バイヤー
編集 : ロバート・プルチーニ
衣裳デザイン : マイケル・ウィルキンソン
ヘア : マイケル・クリストン
キャスティング : アン・グールダー
メイク : ミンディ・ホール

キャスト :
アニー・ブラドック : スカーレット・ヨハンソン
ミセスX : ローラ・リニー
ミスターX : ポール・ジアマッティ
グレイヤー(子守をする少年) : ニコラス・アート
リネット(アニーの友達) : アリシア・キーズ
ハーバード・ホッティ : クリス・エヴァンス
ジュディ・ブラドック(アニーの母) : ドナ・マーフィー
[ 2021/07/28 15:00 ] コメディ | TB(-) | CM(-)

リトル・ミス・サンシャイン

(ドラマ/コメディ)

『 リトル・ミス・サンシャイン 』
原題 : Little Miss Sunshine
製作 : 2006年
製作国 : アメリカ

リトル・ミス・サンシャイン

アリゾナ州に住むオリーヴ・フーヴァー(アビゲイル・ブレスリン)の夢は、小太りの眼鏡っ子にもかかわらずビューティー・クィーンになることだ。兄ドウェーン(ポール・ダノ)は、自室にこもって、筋肉トレーニングに余念がない。一家と同居するグランパ(アラン・アーキン)はバスルームに閉じこもり、ヘロイン吸引で夢見心地となっている。フーヴァー家の主婦シェリル(トニ・コレット)は、夫リチャード(グレッグ・キニア)の反対にもかかわらず、自殺未遂で病院に入院していた兄フランク(スティーヴ・カレル)を自宅に連れ帰る。大学で研究するフランクは、ライバルに恋人を奪われたことにショックを受け、手首を切った挙句、仕事を失っていた。ゲイであるフランクをグランパが「ホモ野郎」と呼び、“負けを拒否する!”をモットーとするモチベーション・スピーカー(成功論提唱者)のリチャードは、フランクを「負け犬」と決めつける。そんな中、「リトル・ミス・サンシャイン」コンテスト地方予選の優勝者が失格となり、繰り上げ優勝となったオリーヴがカリフォルニアで行われる決勝出場資格を得たという知らせが入る。狂気乱舞するオリーヴだが、フーヴァー家にシェリルとグランパの分の飛行機代を捻出する経済的余裕はない。自殺傾向のあるフランクを高校生のドウェーンとともに残しておくこともできず、一家全員がおんぼろのフォルクス・ワーゲン・ミニバスに乗り込んで一路、カリフォルニアを目指す。ただでさえギクシャクする家族なので、狭苦しいミニバスのなかで早速、口論がスタートする。しかも車が故障する始末だ。前途多難なフーヴァー一家は果たしてカリフォルニアまで無傷でたどりつけるのか? そしてオリーヴはビューティー・クィーンの栄冠をゲットすることができるのか?



スタッフ :
監督 : ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス
脚本 : マイケル・アーント
製作総指揮 : ジェブ・ブロディ、マイケル・ビューグ
製作 : マーク・タートルトーブ、デイヴィッド・T・フレンドリー、ピーター・サラフ、アルバート・バーガー、ロン・ヤークサ
撮影監督 : ティム・サーステッド
美術 : カリナ・イワノフ
音楽 : マイケル・ダナ
音楽監修 : スーザン・ジェイコブ、アン・リット
編集 : パメラ・マーティン
衣裳デザイン : ナンシー・シュタイナー
挿入曲 : デヴォーチカ
キャスティング : キム・デイヴィス・ワグナー、ジャスティン・バドリー

キャスト :
オリーヴ・フーヴァー : アビゲイル・ブレスリン
グランパ : アラン・アーキン (アカデミー助演男優賞)
ドウェーン・フーヴァー : ポール・ダノ
リチャード・フーヴァー : グレッグ・キニア
エドウィン・フーヴァー : アラン・アーキン
シェリル・フーヴァー : トニ・コレット
スタン・グロスマン : ブライアン・クランストン
フランク・ギンスバーグ : スティーヴ・カレル
マクレリー : ディーン・ノリス
カービー : ウォレス・ランガム
コンテストのアシスタントのパム : メアリー・リン・ライスカブ
コンテストの審査員のジェンキンス : ベス・グラント
[ 2021/06/06 15:00 ] コメディ | TB(-) | CM(-)

デンジャラス・ビューティー2

(ドラマ/コメディ)

『 デンジャラス・ビューティー2 』
原題 : Miss Congeniality 2: Armed and Fabulous
製作 : 2005年
製作国 : アメリカ

デンジャラス・ビューティー2

セレブとなったFBI女捜査官が、勝気な相棒の女性と共に誘拐事件の解決に奔走するコメディ。
「ミス・アメリカコンテスト」への潜入捜査で爆破事件をみごと解決したFBI捜査官グレイシー・ハート(サンドラ・ブロック)。いまや全米中の人気者となった彼女は、イブニングドレスとハイヒールから解放されるや、地味なスーツとスッピンに戻って、意気揚々と現場に復帰。ところが銀行での張り込み中にファンに駆け寄られ、せっかくの潜入捜査が台無しに。顔が知れ渡ってしまった以上、もはや大好きな潜入捜査にも加われない。失意のグレイシーに追い討ちをかけるように、始まりかけていたロマンスもあえなく消滅。すべてを失いどん底まで落ち込んだグレイシーに、FBI長官から示された新たな任務、それは誰もが憧れる”スター捜査官”として、FBIのPR活動に従事すること。グレイシーに選択の余地はない。こうして専属スタイリスト、ジョエル(ディートリッヒ・ベイダー)のもと、グレイシー・セレブ化計画が始まった! 10ヶ月後、セレブ・ファッションに身を包み、テレビのトーク番組で”営業用スマイル”を振りまくグレイシーの姿があった。華麗なる犯人逮捕歴を綴った自伝の出版、笑顔と握手のサイン会、ヘアメイク担当の一団を引き連れてリムジンで移動するPRツアーは、どこへ行っても賞賛の嵐。次第に新しい任務にのめり込んでいくグレイシーに、誰よりも冷たい視線を浴びせ、敵意をむき出しにする新しい相棒サム・フラー(レジーナ・キング)。そんなある日、グレイシーのもとに飛び込んできた「ミス・アメリカ」誘拐の報せ。一緒に戦ったミスコンで栄冠をつかんだ大切な親友なシェリル(ヘザー・バーンズ)が、ラスベガスで何者かに拉致されたのだ。広報活動の一環でグレイシーも現地へ向かうことになったが、事件には絶対手を出すなとの長官命令。勝手な行動をとることで悪名高いグレイシーのお目付け役を命じられたのは、天敵のサム。シェリルのことが心配でたまらないグレイシーは、監視の目をかいくぐり情報収集に乗り出すが、せっかくつかんだ手がかりも現地の指揮官によって握りつぶされ、捜査はどんどん間違った方向へ。もはやグレイシーにできることはただひとつ。自分の手で事件を解決し、親友を救い出すことだけだ。グレイシーの暴走を阻止しようとしていたサムをも巻き込んで、ついにグレイシーが走り出した。



スタッフ :
監督 : ジョン・パスキン
脚本 : マーク・ローレンス
製作総指揮 : メリー・マクラグレン、ブルース・バーマン
製作 : マーク・ローレンス、サンドラ・ブロック
撮影 : ピーター・メンジース・ジュニア
美術 : メイハー・アーマッド
音楽 : ランディ・エデルマン、ジョン・ヴァン・トンジェレン
編集 : ガース・クレーヴン

キャスト :
グレイシー・ハート : サンドラ・ブロック
サム・フラー : レジーナ・キング
スタン・フィールズ : ウィリアム・シャトナー
シェリル : ヘザー・バーンズ
マクドナルド : アーニー・ハドソン
ジョエル : ディードリック・ベーダー
ジェフ・フォアマン : エンリケ・ムルシアーノ
コリンズ : トリート・ウィリアムズ
ジャネット : エリザベス・ローム
[ 2021/04/01 15:00 ] コメディ | TB(-) | CM(-)

アップタウン・ガールズ

(ドラマ/コメディ)

『 アップタウン・ガールズ 』
原題 : Uptown Girls
製作 : 2003年
製作国 : アメリカ

子供っぽい女性と大人びた少女の交流をつづる、心温まるコメディ。
ニューヨーク。22歳のモリー(ブリタニー・マーフィ)は、伝説的なロックスターだった父の遺産で高級アパートに住み、パーティ三昧の自由奔放な生活を送っていた。だがある日、印税を着服していた財産管理担当の会計士に全財産を持ち逃げされてしまう。突然無一文になったモリーはアパートを追い出された挙げ句、生まれて初めて仕事を探すハメに。やがて友人の紹介でベビー・シッターの職に就くモリーだが、面倒をみるべき子供は、えらく生意気な8歳の少女レイ(ダコタ・ファニング)。大人と子供が逆転したようなふたりは何から何までソリが合わず、最初は激しく対立するが。



スタッフ :
監督 : ボアズ・イェーキン
脚本 : ジュリア・ダール、モー・オグロドニック、リザ・デヴィドウィッツ
原案 : アリソン・ジェイコブス
製作総指揮 : ボアズ・イェーキン、ジョセフ・M・カラチオーロ・ジュニア、ティム・ウィリアムズ
製作 : アリソン・ジェイコブス、ジョン・ペノッティ、フィッシャー・スティーヴンス
撮影 : ミハエル・バルハウス
音楽 : レスリー・バーバー、ジョエル・マクニーリー

キャスト :
モリー : ブリタニー・マーフィ
ロレーン・レイ・シュレイン : ダコタ・ファニング
イングリッド : マーレー・シェルトン
ヒューイ : ドナルド・アデオサン・フェイソン
ニール : ジェシー・スペンサー
ローマ・シュレイン : ヘザー・ロックリア
マッコンリー : オースティン・ペンドルトン
[ 2020/12/02 15:00 ] コメディ | TB(-) | CM(-)

ドクター・ドリトル2

(ドラマ/コメディ)

『 ドクター・ドリトル2 』
原題 : Dr.Dolittle 2
製作年 : 2001年
製作国 : アメリカ

動物の言葉が分かる医者とユニークな動物たちが繰り広げる大ヒット・コメディ、『ドクター・ドリトル』の続編。
動物と会話できる才能が世間に認められたドリトル先生は、いまや世界中を飛び回る人気者に。しかし娘のシャリーズは動物に振り回される生活にイライラ模様で、父娘の距離は遠くなりかけていた。そんな時、森のビーバーから届いたSOSのメッセージ。森林伐採が進んで野生動物の生息地が危機に瀕しているという。救済の道は、森に1頭しかいない絶滅危機種のメス熊エバの結婚相手を見つけること。エバが子供を生んで種族を残せば法律で森は守られるのだ。ドリトル先生は婿候補の熊アーチーを探し出すが、なんとアーチーはサーカスの檻育ち。野生を忘れたアーチーに、エバは見向きもしない。



スタッフ :
監督 : スティーヴ・カー
脚本 : ラリー・レビン
原作 : ヒュー・ロフティング
EP : ニール・A・マクリス、ジョゼフ・M・シンガー
製作 : ジョン・デイヴィス
撮影 : ダリン・オカダ
音楽 : デヴィッド・ニューマン

キャスト :
ドクター・ドリトル : エディ・マーフィ
リサ・ドリトル : クリステン・ウィルソン
ジョゼフ・ポッター : ジェフリー・ジョーンズ
ジャック・ライリー : ケヴィン・ポラック
シャリース・ドリトル : レイブン・シモーネ
マヤ・ドリトル : カイラ・プラット
エリック : リル・ゼーン
クロコダイルハンター : スティーブ・アーウィン(カメオ出演)
動物の声 :
クマのアーチー : スティーヴ・ザーン
クマのエヴァ : リサ・クドロー
カメレオンのペピート : ジェイコブ・バルガス
アライグマのジョーイ : マイケル・ラパポート
クマのソニー : マイク・エプス
ポッサム : アイザック・ヘイズ
酔っ払いサル : フィル・プロクター
動物園のクマ1 : セドリック・ジ・エンターテイナー
動物園のクマ2 : ジョン・ウィザースプーン
イヌ : デヴィッド・クロス
ハチ : クライド・クサツ
ハチ : キーオン・ヤング
[ 2020/09/13 15:00 ] コメディ | TB(-) | CM(-)

デンジャラス・ビューティー

(ドラマ/コメディ)

『 デンジャラス・ビューティー 』
原題 : Miss Congeniality
製作 : 2001年
製作国 : アメリカ

美人コンテストに出場するハメになった、男勝りの女性FBI捜査官の悪戦苦闘に爆笑サスペンス・コメディ。
勝りの能力を武器に、しゃれっ気無縁の世界で仕事一筋に突き進むFBI捜査官グレイシー。仕事で失敗し、現場から遠ざけられガックリきている最中、手配中の連続爆弾魔からミスコンを襲うと爆破予告が。なんとかコンテストに潜り込むべく、エリック率いる特別捜査チームは、現場復帰のチャンスをかけるグレイシーに白羽の矢を立てる。ミスコンなんてとバカにしていただけに、最初は断固拒否するものの、しぶしぶ任務を受けることに。そして、グレイシーの女磨きのレッスンが始まる。



スタッフ :
監督 : ドナルド・ペトリー
脚本 : マーク・ローレンス、ケイティ・フォード、カリン・ルーカス
EP : マーク・ローレンス、ブルース・バーマン、ジンジャー・スレッジ
製作 : サンドラ・ブロック
撮影 : ラズロ・コヴァックス
音楽 : エド・シェアマー

キャスト :
グレイシー・ハート : サンドラ・ブロック
ヴィクター・メリング : マイケル・ケイン
エリック・マシューズ : ベンジャミン・ブラット
シェリル【ミス・ロードアイランド】 : ヘザー・バーンズ
スタン・フィールズ : ウィリアム・シャトナー
キャシー・モーニングサイド : キャンディス・バーゲン
ハリー・マクドナルド : アーニー・ハドソン
クロンスキー : ジョン・ディレスタ
カレン【ミス・ニューヨーク】) : メリッサ・デ・ソーサ
レズリー【ミス・カリフォルニア】 : ウェンディ・ラクエル・ロビンソン
メアリ【ミス・テキサス】 : ディアドレ・クイン
アラナ【ミス・ハワイ】 : エイシャ・デマーコス
フランク : スティーヴ・モンロー
[ 2020/09/11 15:00 ] コメディ | TB(-) | CM(-)

ベティ・サイズモア

(ドラマ/コメディ)

『 ベティ・サイズモア 』
原題 : Nurse Betty
製作 : 2000年

夢と現実の境を超えてしまう無垢なヒロインと、彼女を取り巻く人々をコミカルに描く。
カンザス州の田舎町に住むベティ・サイズモア(レネー・ゼルウィガー)は、ウェイトレス。夫のデル(アーロン・エックハート)は車のセールスマンだが、どうしようもない奴だ。だが昼の連続メロドラマ『愛のすべて』の大ファンであるベティは、いつか看護婦になって、そのドラマの主人公であるデイヴィッド(グレッグ・キニア)のような素敵な医師と結ばれる日を夢想していた。そんなある日、麻薬を横取りした夫が、プロの殺し屋チャーリー(モーガン・フリーマン)と子分のウェズリー(クリス・ロック)に殺される。そのショックで、ベティは夢と現実の境をひょいと飛び越し、昼メロの世界に飛び込んだ。自分を看護婦だと思い込んだベティは、夫を殺した2人に追われていることも知らず、6年前に別れたデイヴィッドとの愛を今こそ貫こうとハリウッドへ車を走らせる。ロサンゼルスに着いたベティは、偶然ケガ人を救ったことで本当に看護婦の職についてしまうが、しかしドラマ上の恋人が現実に存在するはずはない。だがやがて彼女は、デイヴィッド役の俳優であるジョージ・マクコードとめぐり逢う。こうしてドラマと現実がごっちゃに絡み合っていくのだった。



スタッフ :
監督 : ニール・ラビュート
脚本 : ジョン・C・リチャーズ、ジェームズ・フランバーグ
原案 : ジョン・C・リチャーズ
製作総指揮 : フィリップ・スチュワー、スティーブン・ペヴナー、モーリッツ・ボーマン、クリス・ジーヴァニッヒ
製作 : ゲイル・マトラックス、スティーヴ・ゴリン
撮影 : ジャン・イヴ・エスコフィエ
美術 : チャールズ・ブリーン
音楽 : ロルフ・ケント
編集 : ジョエル・プロッチ、スティーヴ・ワイスバーグ
衣裳 : ライネット・メイヤー

キャスト :
ベティ・サイズモア : レネー・ゼルウィガー
チャーリー : モーガン・フリーマン
ウェズリー : クリス・ロック
ジョージ・マッコード : グレッグ・キニア
デル(ベティの夫) : アーロン・エッカート
バラード保安官 : プルイット・テイラー・ヴィンス
ロイ(新聞記者) : クリスピン・グローヴァー
ローサ : ティア・テクサーダ
ライラ : アリソン・ジャニー
エレン : ハリエット・サンソム・ハリス
[ 2020/07/31 15:00 ] コメディ | TB(-) | CM(-)

マルコヴィッチの穴

(ドラマ/コメディ)

『 マルコヴィッチの穴 』
原題 : Being John Malkovich
製作 : 1999年
製作国 : アメリカ

人形使いのクレイグ・シュワルツ(ジョン・キューザック)は、ペットショップに勤める妻ロッテ(キャメロン・ディアス)と貧乏な二人暮らし。ある日、彼は定職に就こうと新聞の求人欄を広げ、マンハッタンのビルの71/2階にある会社、レスター社の職を得る。そこで美人OLのマキシン(キャスリーン・キーナー)に一目惚れした彼は、彼女を追いかけるが相手にしてもらえない。そんな時、会社の一室で、有名俳優ジョン・マルコヴィッチの頭の中に15分間だけ入れる穴を見つけてしまう。クレイグはそれを使って商売を始め、次々と客をマルコヴィッチの穴に入れていく。が、それに気付いたマルコヴィッチ本人が自分の穴に入ってから事態はややこしくなってくる。ロッテがその穴に入り、男としてマキシンと性体験して子供まで作ってしまったりと、どんどんエスカレート。クレイグは元の人形使いに戻り、マルコヴィッチはねじれた世界へ突入していくのであった。



スタッフ :
監督 : スパイク・ジョーンズ
脚本 : チャーリー・カウフマン
製作総指揮 : チャーリー・カウフマン、マイケル・カーン
製作 : マイケル・スタイプ、サンディ・スターン、スティーヴ・ゴリン、ヴィンセント・ランディ
撮影 : ランス・アコード
美術 : K・K・バーレット
音楽 : カーター・バーウェル
編集 : エリック・ザンブランネン
衣裳 : キャセイ・ストーム

キャスト :
クレイグ・シュワルツ : ジョン・キューザック
ロッテ・シュワルツ : キャメロン・ディアス
マキシン : キャサリン・キーナー
ジョン・ホレイショ・マルコヴィッチ : ジョン・マルコヴィッチ
レスター社長 : オーソン・ビーン
チャーリー : チャーリー・シーン
フロリス : メアリー・ケイ・プレイス
初めての客 : W・アール・ブラウン
ドン : レジナルド・C・ヘイズ
マーティン船長 : バーン・ピヴェン
ラリー(エージェント) : カルロス・ジャコット
ジョンソン・ヘイワード : リチャード・ファンシー
タクシーの運転手 : ケヴィン・キャロル
[ 2020/07/05 15:00 ] コメディ | TB(-) | CM(-)

メリーに首ったけ

(ドラマ/コメディ)

『 メリーに首ったけ 』
原題 : There's Something about Mary
製作 : 1998年
製作国 : アメリカ

とびきりキュートな美女に片想いを続ける純情男と彼女につきまとう男たちの狂騒劇を、ナンセンスでお下品なギャグ満載で描いたコメディ。
ロードアイランド。作家志望のテッド(ベン・スティラー)は高校時代以来13年間、皆の憧れの的だったメアリー(キャメロン・ディアス)のことが忘れられないでいる純情男。メアリーの知的障害の弟ウォーレン(W・アール・ブラウン)がいじめられているのを助けたことで彼女から卒業パーティに誘われたのはいいが、迎えに行った先の彼女の家でなんと大事なナニをジッパーにはさんでしまうという大失態を演じたのだった。そんな過去もなんのその、彼女へのつきせぬ想いから、テッドは友人ドム(クリス・エリオット)の紹介で保険調査員ヒーリー(マット・ディロン)をメアリーが現在住むマイアミに派遣、彼女の身辺を探ってもらうことに。整形外科医になり、かつてと変わらぬキュートさで一人暮らしをエンジョイしているらしいメアリー。ヒーリーはそんな彼女に一目ぼれ、テッドには彼女が子持ちのデブ女になったと嘘の報告をする。ヒーリーは建築家と偽り、メアリーの隣に住む未亡人マグダ(リン・シェイ)のご機嫌とりまでしてあの手この手でメアリーに言い寄る。さて一方ヒーリーの報告が信じられないテッドはついに自らマイアミに赴き、メアリーと再会。だが、メアリーの周囲はストーカーだらけなのが発覚。ヒーリーの正体は殺人鬼だと嘘八百を並べていたのが両足が不自由な建築家を装った実はピザボーイのタッカー(リー・エヴァンス)。恋の攻防戦の果てになんとか念願の交際を始めることができたテッドだが、メアリーを調べるためにヒーリーを雇ったことが何者かに密告されてしまう。チクったのはなんとドム。実は彼はメアリーの高校時代の恋人だったのだが、ストーカー行為で告発され彼女の身辺には近づけない身だったのだ。メアリーの前に集合してにらみあうドム、ヒーリー、タッカー。そこにテッドがメアリーが最近まで交際していた“理想の男性”ブレット(ブレット・ファーブル)を連れてくる。「彼こそがメアリーと結婚すべきだ」と言い放って家を出たテッド。そんなテッドの真心に打たれたメアリーは彼を追いかけ、二人は晴れてキスを交わすのだった。



スタッフ :
監督 : ピーター・ファレリー、ボビー・ファレリー
脚本 : エド・デクター、ジョン・ジェイ・ストラウス、ピーター・ファレリー、ボビー・ファレリー
原案 : エド・デクター、ジョン・ジェイ・ストラウス
製作総指揮 : ピーター・ファレリー、ボビー・ファレリー
製作 : フランク・ビドア、マイケル・スタインバーグ、チャールズ・B・ウェスラー、ブラッドレイ・トーマス
撮影 : マーク・アーウィン
音楽 : ジョナサン・リッチマン
音楽監修 : ハッピー・ウォルターズ、トム・ウルフ
編集 : クリストファー・グリーンバリー
衣装デザイン : メアリー・ゾフレス

キャスト :
リー・ジェンセン・マシューズ : キャメロン・ディアス
テッド・ストローマン : ベン・スティラー
パット・ヒーリー : マット・ディロン
タッカー、ノーマン・フィップス : リー・エヴァンス
ドム・ウォガノウスキー : クリス・エリオット
シーラ・ジェンセン : マーキー・ポスト
ウォーレン・ジェンセン : W・アール・ブラウン
マグダ : リン・シェイ
サリー : ジェフリー・タンバー
リサ : マーニー・アレクセンバーグ
クレボイ刑事 : リチャード・タイソン
[ 2020/05/30 15:00 ] コメディ | TB(-) | CM(-)

ドクター・ドリトル

(ドラマ/コメディ)

『 ドクター・ドリトル 』
原題 : Dr.Dolittle
製作 : 1998年
製作国 : アメリカ

ヒュー・ロフティング原作の児童文学作品『ドリトル先生』の映画化。動物の言葉が分かる医者とユニークな動物たちが繰り広げるコメディ。
ジョン・ドリトルは少年時代、動物と話ができる不思議な能力を持っていた。だが、父親のアーチャー(オシー・デイヴィス)は異常だと心配し、悪魔払いまで呼んだうえ、ジョンから動物を遠ざけた。以来、彼は動物と話すことをやめていた。成人したジョン(エディ・マーフィ)は成功した医者で、美しい妻リサ(クリスティ・ウィルソン)、二人の娘マヤ(カイラ・プラット)、シャーリース(レーベン=シモーネ)と幸せに暮らしている。マヤは幼い時のジョンと同じで動物好きの内気な子供だが、ジョンは「友達を作れ」と冷たかった。ある日、ふとしたことで、ジョンに昔の能力が蘇る。再び動物たちの声が聞こえるようになったのだ。噂はたちまち動物界に広まり、ジョンの家にはアヒルやヤギ、馬などが診察を求めにやってくる。ついには自殺願望のサーカスのトラを説得するハメになる。だが、動物と話をするジョンを見て、同僚たちは彼を精神病院に送る。一時は動物と話すことをやめて社会復帰したジョンだが、病気で危機に瀕しているトラを見かね、病院に連れ込む。病院の買収話を進める現実主義の同僚はジョンを阻止しようとするが、動物たちがジョンを応援。リサはジョンの言葉を疑うが、「本当に話せたのだ、自分が間違っていた」とアーチャーに諭される。難しい脳の手術に成功し、トラを救ったジョンに、人々は拍手を送る。娘のマヤとも和解し、医者としての生きがいも取り戻すのだった。



スタッフ :
監督 : ベティ・トーマス
製作 : ジョン・デイヴィス、ジョセフ・M・シンガー、デヴィッド・T・フレンドリー
脚本 : ナット・モールディン、ラリー・レビン
原作 : ヒュー・ロフティング『ドリトル先生』
製作総指揮 : スー・バーデン・パウエル、ジェンノ・トッピング
撮影 : ラッセル・ボイド、A.C.S.
プロダクション・デザイン : ウィリアム・エリオット
編集 : ピーター・テッシュナー
視覚効果スーパーバイザー : ジョン・ファーハット
音楽 : リチャード・ギブス
衣装 : シャレン・デイビス
アニマトロニック・クリーチャー : ジム・ヘンソンのクリーチャー・ショップ
動物トレーナー主任 : マーク・フォーブス

キャスト :
Dr.ジョン・ドリトル : エディ・マーフィ
アーチャー・ドリトル : オジー・デイヴィス
キャロウェイ : ピーター・ボイル
Dr.マーク・ウェラー : オリヴァー・プラット
Dr.ジーン・レイス : リチャード・シフ
Dr.フィッシュ : ジェフリー・タンバー
ブレイン : ポール・ジアマッティ
動物の声 :
犬のラッキー : ノーム・マクドナルド
虎のジェイク : アルバート・ブルックス
モルモットのロドニー : クリス・ロック
鼠 : レニ・サントーニ
鼠 : ジョン・レグイザモ
雄鳩 : ギャリー・シャンドリング
雌鳩 : ジュリー・カブナー
年老いたビーグル犬 : ブライアン・ドイル=マーレイ
酔っ払った猿 : フィル・プロクター
梟 : ジェナ・エルフマン
[ 2020/05/26 15:00 ] コメディ | TB(-) | CM(-)
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ