蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

追いつめられて

(アクション/サスペンス)

『 追いつめられて 』
原題 : No Way Out
製作 : 1987年
製作国 : アメリカ

国防長官の愛人だった恋人が殺され、その濡れ衣をきせられた男の孤独な戦いを描いたサスペンス。
海軍将校トム・ファレル(ケヴィン・コスナー)は、国防長官デイヴィッド・ブライス(ジーン・ハックマン)の秘書である友人、スコット・プリチャード(ウィル・パットン)の招きで長官の就任舞踏会に出かけた。そして会場で美しい女性スーザン・アットウェル(ショーン・ヤング)と出逢い、恋に落ちる。フィリピンで勇敢に任務を果たしたファレルは、英雄として新聞に載る。数日後、ワシントンに戻ったファレルは、記事を見たブライスの直属のスタッフとなる。スーザンとの再会。が、スーザンにはファレルと会う以前から愛人がいた。それはブライスだった。ある週末、ファレルとスーザンはドライヴに出かけた。愛を確かめ合う2人。スーザンの部屋に帰った2人は、突然、ブライスの訪問を受ける。スーザンとの押問答の末、ファレルは窓から外へ。ブライスは、ファレルの影に気付いた。嫉妬に狂ったブライスは、スーザンを2階から突き落とす。混乱するブライスは、プリチャードに助けを求めた。プリチャードは、スーザンはもう1人の恋人に殺された、その男はソ連のスパイで、国家安全のため48時間以内に抹殺、という筋書きを考え出す。翌朝、ブライスとプリチャードは犯人の調査をファレルに依頼した。スーザンの死を知るファレル。ブライスとスーザンの接点になる材料は消された。スーザンの部屋で発見された不鮮明なファレルの写真も、重要証拠として提出された。ファレルを狙って巨大な組織が動き出したのだ。ファレルは、作業の指揮者で友人のサムに身の潔白を告白。作業を遅らせた。サムから真相を聞いたプリチャードは、サムを射殺した。追いつめられたファレルは、宝石箱のデータをブライスに突きつけた。背後には、プリチャード、3人の男のそれぞれの思惑がからみ合う。が、海軍少佐トム・ファレル--彼には、大きな秘密が隠されていた。ファレルは、実際にソ連側のスパイだったのだ。新たな任務を命じられて部屋を出るファレルの顔に複雑な表情が浮かんだ。



スタッフ :
監督 : ロジャー・ドナルドソン
脚本 : ロバート・ガーランド
原作 : ケネス・フィアリング
製作総指揮 : メイス・ニューフェルド
製作 : ローラ・ジスキン、ロバート・ガーランド
撮影 : ジョン・オルコット
音楽 : モーリス・ジャール

キャスト :
トム・ファレル : ケヴィン・コスナー
デヴィッド・プライス : ジーン・ハックマン
スーザン・アトウェル : ショーン・ヤング
スコット・プリチャード : ウィル・パットン
デュバル上院議員 : ハワード・バフ
サム・ヘッセルマン : ジョージ・ズンザ
ニーナ・ベカ : イマン・アブドゥルマジド
マーシャル : フレッド・ダルトン・トンプソン
ケビン・オブライエン : レオン・ラッサム
[ 2019/07/19 15:00 ] サスペンス | TB(-) | CM(-)

殺人魚フライングキラー

(アクション/サスペンス)

『 殺人魚フライングキラー 』
原題 : Piranha II Flying Killers
製作 : 1981年
製作国 : アメリカ、イタリア、オランダ

殺人兵器として開発された怪魚が人間に襲いかかるというSFホラーサスペンス。
カリブ海に浮かぶ小さな島。ゴージャスなリゾート地である。夜の海に出かけた男女が、水中の難破船にもぐり込みファックしているところへ、魚が襲いかかり、2人の身体をくいちぎってしまう。海浜のホテルの1室に住むアン・キンブロー(トリシア・オニール)は、夫と別居している海洋学者だ。息子クリスとの生店のため、ホテルのスキューバ教室のコーチをしていた。彼女はお客をつれて、2ヵ月前に沈んだ海軍の船の周りをもぐる。船内に入っては駄目といわれていたのに、ヘイウッドという男が入り、怪魚の群に襲われる。彼の死の真相を調査するスティーブ保安官(ランス・ヘンリクセン)は、アンの夫だった。アンに近寄って口説くタイラー(スティーヴ・マラチャック)。2人は死体置場に侵入しヘイウッドの写真を撮る。2人を見とがめた看護婦が、彼らを追い出したあと、ヘイウッドの身体から飛び出した魚にのどをかみつかれて死亡。タイラーはピラニアを特殊に育成したのではと言い、アンは写真を研究し、その意見に賛成する。ホテルの食料を盗んで航海をつづけるグラマー美人2人組ビバリーとロレッタも、魚に襲われる。アンは沈没船を捜査して、怪魚の存在を確認。タイラーは自分が軍の研究者で、ピラニアと飛び魚とトウゴロイワシ科のある種をかけあわして殺人魚を育成したとアンに告白する。沈没した海軍の船にその怪魚の箱がつまれていたのだ。アンはホテルの支配人ラオールに海遊びを禁止するよう説得するが、彼は聞き入れない。その夜、トウゴロイワシの大群が産卵のため海辺にやってくるのをホテルの客たちが見物する。クリスはデュモン氏のボートに乗り組み、彼の娘アリソンと小さな手こぎボートで夜の海に出かける。彼の行方を求めて、スティーブがヘリで海を捜索する。海辺に並ぶ人間たちを殺人魚が襲う。タイラーとアンは、沈没船に時限爆弾をしかける。殺人魚群に追われてタイラーは死亡。ダイナマイトが爆発した。クリスとアリソンを救出したスティーブが、妻の死を思い肩をおとしているところへ、アンが浮上。2人は固く抱きあうのだった。



スタッフ :
監督 : ジェームズ・キャメロン
製作 : チャコ・ヴァン・リューウェン、ジェフ・シェクトマン
製作総指揮 : オヴィディオ・G・アソニティス
脚本 : H・A・ミルトン(オヴィディオ・G・アソニティス、ジェームズ・キャメロン、チャールズ・H・イグリー)
撮影 : ロベルト・デットーレ・ピアッツォーリ
美術 : ビンチェンツォ・メデューサ、ステファノ・パルトリニエリ、フランコ・バノリオ
編集 : ロベルト・シルビ
音楽 : ステルヴィオ・チプリアーニ

キャスト :
アン : トリシア・オニール
スティーヴ : ランス・ヘンリクセン
タイラー : スティーヴ・マラチャック
クリス : リッキー・ポール・ゴルディン
ラウル : テッド・リチャート
アリソン : レスリー・グレーヴス
ウィルソン夫人 : アン・ポラック
ギャピー : アンシル・グロードン
ベル : アルバート・サンダース
ベノッチ : フィル・コルビー
マル : アーニー・ロス
[ 2019/04/12 15:00 ] サスペンス | TB(-) | CM(-)

白い家の少女

(アクション/サスペンス)

『 白い家の少女 』
原題 : The Little Girl who Lives Down the Lane
製作 : 1976年
製作国 : カナダ、フランス

他人を踏み込ませず、白い家に住む謎めいた少女の行動と正体をサスペンス・タッチで描く
鉛色の空。冷たく打ち寄せる大西洋の波。ニューイングランドはウエルズ・ハーパーという小さな村。冬の海を見おろす人里離れた丘に、白い家がポツンと一軒。美しいブロンドの少女リン(ジョディ・フォスター)が住んでいた。今夜は万聖祭の宵祭。ハロウィーンのしきたりどうり、仮面をかぶったフランク(マーティン・シーン)が、リンの家を訪れた。「君1人?」。「ママは死んだわ。パパは外出よ」と冷たく答えるリン。テーブルには、13本のローソクを立てたバースデイ・ケーキが置いてあった。ある朝、ハレット夫人(アレクシス・スミス)がリンの家にくる。ハレットはこの家の家主だった。家の中をうろうろする彼女に、リンはおこった。「ここは私の家よ」。ある日、銀行に行ったリンは大金を引き出す。不審の目の銀行員。リンに声をかけた青年がいた。フランクだ。彼はハレットの息子だった。その時、パトカーに乗った警官(モルト・シューマン)が、「あいつは俺の甥だけど変質者なんだ。気をつけなさい」と声をかけ、リンを家まで送ってくれた。「パパはどこ?」。「外出中よ。パパは有名な詩人なの」と言って、父の詩集を警官に見せるリン。そして、ハレットが再びリンを訪れた。紅茶をすすめるリンは、ハレットが地下室へ行こうとするので殺す。車と傘を残したハレット。車を処理しようとしたリンにマリオ(スコット・ジャコビー)という少年が声をかけた。彼はその車の持ち主を知っていた。親しくなる2人。リンは秘密を彼に打ち明けた--彼女は父と共にイギリスからやって来、父は自殺してしまったのだ。離婚した母がやって来て、昔のようにヒステリックになったら、ある薬(毒薬)を飲ませるように遺言を残して……。ハレットが地下室で見たのは、その母の死体だったのだ。マリオはリンに同情し、2人は雨の降る夜、母とハレットの死体を庭に埋めた。そして、2人の間には愛がめばえはじめる。だが、マリオは雨のために肺炎にかかり、入院した。やがて、ハレットの行方不明に不審を抱いたフランクが、リンを訪れた。「地下室でお袋のヘアピンを見つけたぜ」とリンにつめよるフランク。リンはあの薬を入れた紅茶を彼に差し出す。「マリオはやがて死ぬ。2人で新しい生活をはじめようぜ」と言いつつ、せきこむフランク。顔は苦痛でゆがんでいった。そして、冷たい目でそれをみつめるリン。ショパンのピアノ協奏曲が静かに流れていた。



スタッフ :
監督 : ニコラス・ジェスネル
脚本 : レアード・コーニグ
原作 : レアード・コーニグ
製作総指揮 : ハロルド・グリーンバーグ、アルフレッド・パリサー
製作 : ゼヴ・ブラウン
撮影 : ルネ・ヴェルジェ
美術 : Robert Prevost
音楽 : クリスチャン・ゴベール、フレデリック・ショパン
編集 : イヴ・ラングロワ

キャスト :
リン : ジョディ・フォスター
フランク・ハレット : マーティン・シーン
ハレット夫人 : アレクシス・スミス
マリオ : スコット・ジャコビー
警官 : モルト・シューマン
[ 2019/02/21 15:00 ] サスペンス | TB(-) | CM(-)

ジョーズ

(アクション/サスペンス)

『 ジョーズ 』
原題 : Jaws
製作 : 1975年
製作国 : アメリカ

シーズンを迎えようとする平和な海水浴場を恐怖のどん底におとし入れた巨大な人 喰いザメとハンターの死闘を描くサスペンス。スリラー映画、ホラー映画、パニック映画など様々なジャンル分けがなされる。
それは、6月のある夜に始まった。小さな海水浴場アミティの浜辺には、気の早い若者のグループが焚火を囲んでビールを飲んだりギターをかき鳴らしてたわむれていた。その中にクリシーという女子大生がいた。波打際めがけて走り出し、一糸まとわぬ姿でなまぬるい夜の海に飛び込んだ。どんどん沖へ出る。やがて彼女何かが自分の足をひっぱっているような衝撃に襲われた。次の瞬間、水面から身体が浮き上がった。恐怖で声が凍って、クリシーの身体はかき消すように海面から消えた。彼女が最初の犠牲者だった。翌朝、アミティの警察署長ブロディ(ロイ・シャイダー)の家に電話がかかり、溺死者が出たとの報告が入った。浜辺に直行したブロディは、そこに打ちあげられているきりきざまれたような人間の肉体の断片を目撃し、吐き気を慌てて呑み込んだ。署に戻ったブロディは事故報告書の死因欄に“鮫に襲われて死亡”と書いた。ブロディは海岸に遊泳禁止の立て札を立てることを決意したが、アミティ市の市長ボーン(マーレイ・ハミルトン)が顔色を変えてやってきた。アミティは夏の間に海水浴場がおとしていく金で、住民が細々と残り1年の生活を成り立たせているような、典型的な宇美の町だった。海岸を閉鎖する事は大変な死活問題である。死因は鮫でなく漁船に巻き込まれたかもしれないというのがボーン市長の主張だった。検死官も市長の言葉に追従した。翌日の日曜日、大勢の人が浜辺にでて初夏の太陽を楽しんでいたが、ブロディの心は落ちつかなかった。やがて第二の犠牲者が出た。少年が海中に消えたのだ。少年の母親は復習のために3千ドルの賞金を出すという新聞広告を出した。同じ日に開かれた市議会では、海岸を閉鎖すべきか否かで激しいやりとりが交わされた。そのとき、会場の後からボソリとした声がした。漁師のクィント(ロバート・ショウ)で、1万ドル出すなら人喰いザメを殺してやろうという申し出だ。やがてブロディに援軍が現われた。若い海洋学者フーパー(リチャード・ドレイファス)だ。クリシーの遺骸をみたフーパーは間違いなく鮫の仕業で、しかも誰も今まで見たことがないような巨大な鮫だという。賞金につられてアミティの沖合いに群がった漁船の一隻が全長4メートル余りの虎鮫をしとめて戻って来た。人々はこれこそ人喰い鮫と騒ぎ立てた。しかしブロディとフーパーはクリシーの遺骸から虎鮫の口蓋が小さすぎると感じた。その夜、虎鮫の腹を切り裂いた二人の前に人間の肉片は発見されなかった。翌7月4日、アミティの海開きだった。早朝から海水浴場が続々アミティからやってきた。武装した見張りがボートに分乗し、ヘリコプターを配置してものものしい雰囲気だったが、その裏をかくように巨大な殺人マシーンは狭い水路をさかのぼり、その先の広い入江に向っていた。ボートに乗っていた若い男がまたたくまに犠牲になり、ブロディの子供もあやうく喰い殺されるところだった。海岸は閉鎖され、クィントは正式にやとわれた。彼の漁船“オーガ号”にブロディとフーパーの3人が乗り込んで、鮫殺しに出発した。数時間後、殺人マシーンが、姿を現わした。全長8メートルという巨大なホオジロザメで、体重は3トンもあろうかという信じられない怪物だ。クィント得意の武器である樽をつけた銛も、今度ばかりはまったく通じなかった。鮫は挑戦するように巨大な体をオーガ号にぶつけてくる戸、船底はたちまち破られ、水が入ってくる。もはやクィントはお手上げだった。フーパーは最後の手段として金の檻に入り、海中に入った。そこから強烈な毒を撃ち込もうというのだ。しかし、鮫にとって金の檻などマッチ箱にも等しく、たちまち破壊され、フーパーは海底にしずんでいった。オーガ号に対する鮫の本格的な攻撃が開始された。オーガ号は半分沈み、クィントがひとのみで喰われた。船に残されたブロディは、再度襲ってきた鮫に酸素ボンベをくわさせた。オーガ号のマストに登ったブロディはライフルでその酸素ボンベに狙いを定める。ものすごい爆発音がおわると、再び静寂が訪れた。そしてフーパーも船に戻ってきた。船は沈み、二人は木片につかまって岸に向かって泳ぎ出した。



スタッフ :
監督 : スティーヴン・スピルバーグ
脚色 : ピーター・ベンチリー、カール・ゴットリーブ
原作 : ピーター・ベンチリー
製作 : リチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン
撮影 : ビル・バトラー
音楽 : ジョン・ウィリアムス
SFX : ロバート・A・マッティ

キャスト :
マーティン・ブロディ : ロイ・シャイダー
クイント : ロバート・ショウ
マット・フーパー : リチャード・ドレイファス
エレン・ブロディ : ロレイン・ゲイリー
ベン・メドウズ : カール・ゴットリーブ
ボーン市長 : マーレイ・ハミルトン
ヘンドリックス : ジェフリー・クレーマー
クリシー・ワトキンス : スーザン・バックリーニ
キャシディ : ジョナサン・フィレイ
マイケル・ブロディ : クリス・レベロ
ショーン・ブロディ : ジェイ・メロ
入り江のボートの男 : テッド・グロスマン
TVレポーター : ピーター・ベンチリー
[ 2019/02/11 15:00 ] サスペンス | TB(-) | CM(-)

華麗なる賭け

(アクション/サスペンス)

『 華麗なる賭け 』
原題 : The Thomas Crown Affair
製作 : 1968年
製作国 : アメリカ

トーマス・クラウン(スティーヴ・マックィーン)は、金持ちで、ハンサムで、洗練された紳士だ。が、実は彼は、泥棒にかけては異常な才能と情熱の持主。ある日、彼はかねて計画中の一大銀行強盗を実行した。エーブはじめ4人の部下に指令を送り、自分のビルの前の銀行を襲わせた。計画は見事成功、クラウンは奪った金に自分の金を足して、ジュネーブの銀行に預金した。ボストン警察のマローン刑事(ポール・バーク)は、事件調査に乗り出したが、手がかり一つ得られなかった。一方、被害を受けた銀行が加入していた保険会社のマクドナルドは、犯罪追及に特別な熱意を持つビッキー(フェイ・ダナウェイ)に調査を命じた。ビッキーはマローン刑事と協力しながら、自分自身でも調査を行ない、次第に実業家クラウンがあやしいとにらむようになった。そして、ある美術品の競売会で、目指すクラウンに近付き、自分は銀行強盗の犯人を調査していると名乗りをあげ、クラウンの反応をみたが、クラウンは一向に動じなかった。逆にクラウンは、ビッキーの挑戦を受けてたつため、彼女と交際することに決めた。こうして、あたかも恋愛中のように見せかけながら、クラウンとビッキーは、奇妙なつきあいを始めた。が、クラウンの証拠はなかなかつかめず、そのうち、ビッキーは疑惑を持ちながらも、クラウンに恋するようになった。その頃、クラウンは、もう1度最後の冒険を試みて、南米に逃げる決心をし、それをビッキーに打ち明け、共に南米に行こうと誘った。銀行強盗は、前の時と同じように実行され、成功したかに見えた。が、クラウンの車が、盗んだ金を部下から受け取るべき地点に来たとき、そこには、ビッキーやマローン刑事が、多数の警察を従えて待ちかまえていた。クラウンの運もこれまでとみえた。ビッキーは車に近付いた。が意外、車に乗っていたのは別の男だった。男はクラウンからのメッセージをビッキーに渡した。南米へ後から来るように、伝言にはそうあった。犯人を逃したくやしさと、恋人が警察の手に渡らなかったのとで、ビッキーは複雑な気持ちだった。その頃、南米へのジェット機上、クラウンはふかぶかと座席にかけていたのだった。



主題歌 : 「風のささやき」 by ノエル・ハリスン  (アカデミー歌曲賞受賞)


スタッフ :
監督 : ノーマン・ジュイソン
脚本 : アラン・R・トラストマン
製作 : ノーマン・ジュイソン
撮影 : ハスケル・ウェクスラー
美術 : エドワード・G・ボイル
音楽 : ミシェル・ルグラン

キャスト :
トーマス・クラウン : スティーブ・マックイーン
ヴィッキー・アンダーソン : フェイ・ダナウェイ
エディ・マローン : ポール・バーク
アーウィン・ウィーバー : ジャック・ウェストン
エーブ : アディソン・パウエル
カール : ヤフェット・コットー
ジェイミー・マクドナルド : ゴードン・ピンセット
グウェン : アストリッド・ヒーレン
キャロル : キャロル・コーベット
ハニー : ペグ・シャーリー
支店長 : ブルース・グローヴァー
ジョン : ジョン・オーチャード
[ 2018/12/26 08:27 ] サスペンス | TB(-) | CM(-)

夜の大捜査線

(アクション/サスペンス)

『 夜の大捜査線 』
原題 : In the Heat Of The Night
製作 : 1967年
製作国 : アメリカ
アカデミー作品賞受賞

ミシシッピーの田舎町スパルタの夜はうだるような熱さだった。警官サム(ウォーレン・オーツ)は深夜のパトロール中、町の実業家が殺害されているのを発見した。サムからの連絡をうけた署長のビル・ギレスピー(ロッド・スタイガー)は早速行動を開始した。気負いたったサムは駅で列車をまっていた黒人をいきなり容疑者として逮捕した。ところがその黒人はバージル・ティッブス(シドニー・ポワチエ)というフィラデルフィア警察の殺人課の優秀な刑事で、休暇で帰っていたのだった。初めて殺人事件を扱うギレスピーはベテランのティッブスの協力を頼みたいと思ったが、人種偏見の強い土地柄、どうしても頭をさげることができなかった。だが殺人犯として逮捕された不良少年が犯人ではないと断定したティッブスの見事な論理にカブトを脱いだギレスピーは渋々と助力を頼みこんだ。絶えず衝突し、感情を抑えながらもティッブスとギレスピーは捜査を続けた。だが白人が黒人に調べられるという屈辱に町民は怒り、捜査は困難をきわめ、ティッブスは生命さえ危険になっていった。これ以上のトラブルをおそれたギレスピーは捜査をうち切るようにとティッブスに勧告したが、ティッブスは聞きいれなかった。そして、実業家は他所で殺されて発見された場所まで車で運ばれたと推理したティッブスは、事件のあった夜、車の中で不良少女と情事にふけっていた食堂のボーイを犯人と断定した。ティッブスの推理は正しかった。ボーイは少女の堕胎費をえるために殺人をおかしたのだった。感情的な対立に苦しみながら、こうして事件は終わった。フィラデルフィアへ帰るティッブスをギレスピーは駅頭に送り、黙したままトランクを持ってやった。無骨なギレスピーの、これが唯一の感謝のしるしだった。



主題歌 : 「In the Heat Of The Night」 by レイ・チャールズ


スタッフ :
監督 : ノーマン・ジュイソン
脚本 : スティーリング・シリファント
原作 : ジョン・ボール
製作 : ウォルター・ミリッシュ
撮影 : ハスケル・ウェクスラー
音楽 : クインシー・ジョーンズ
歌 : レイ・チャールズ

キャスト :
ビル・ギレスピー : ロッド・スタイガー (アカデミー主演男優賞受賞)
ヴァージル・ティッブス : シドニー・ポワティエ
サム・ウッド : ウォーレン・オーツ
レズリー・コルバート : リー・グラント
エリック・エンディコット : ラリー・ゲイツ
パーディ : ジェームズ・パターソン
市長 : ウィリアム・スカーレット
ジョージ・コートニー : ピーター・ウィットニー
デロリス・パーディ : クェンティ・ディーン
ママ・カレバ : ビア・リチャーズ
ハーヴェイ・オバースト : スコット・ウィルソン
シャグバッグ : ティモシー・スコット
ラルフ・ヘンショウ : アンソニー・ジェームズ
スチュアート医師 : フレッド・スチュワート
ジェス : カリル・ベザリール
[ 2018/12/13 15:00 ] サスペンス | TB(-) | CM(-)

引き裂かれたカーテン

(アクション/サスペンス)

『 引き裂かれたカーテン 』
原題 : Torn Curtain
製作 : 1966年
製作国 : アメリカ

アメリカからデンマークへ向かう1隻の客船。この船には、コペンハーゲンで開催される科学者国際会議に出席するため米宇宙委員会のマイケル(ポール・ニューマン)と婚約者で秘書のセーラ(ジュリー・アンドリュース)が乗っていた。そして目的地へ着く直前の日、マイケルの所へ秘密の連絡文が届いた。発信地は東ベルリンだった。コペンハーゲンへ行くのを止めて、東ベルリンへ行くといいだしたマイケルに、不安になったセーラは事の真相を糺したが、心配する必要はない、2、3日コペンハーゲンで待っているようにと笑うだけだった。何か重大なことがあると直感したセーラは、マイケルを追って東ベルリンへ向かった。空港にたったマイケルは秘密諜報員のグロメク(ウォルフガング・キーリング)の案内で東ベルリン秘密諜報機関長のゲルハルトに紹介された。マイケルは東ベルリン亡命を決意していたのだった。これは、アメリカで開発の進んだ核兵器、ガンマ5の秘密の共産圏漏洩の意味を持っていた。驚いたセーラはマイケルを売国奴となじったが、心底から彼を愛しているゆえ東ベルリンを去ることはできなかった。そうしたある日、田舎へ出かけ1人の農夫にあった。農夫はアメリカ諜報員で、マイケルはスパイ活動のため東ベルリンへ亡命のかたちをとり潜入していたのだ。アメリカのガンマ5研究も、東ベルリンのリント博士の研究がないと完成しなかったのだった。つまりガンマ5については高度の科学的知識が必要であり、マイケル送りこみを計画したのだ。しかし農夫との出会いを、尾行してきたグロメクに見つかったからたまらない。マイケルは彼を殺し農地へ埋める破目になった。着々と進んでいた計画の破綻。早急にリントの研究を盗み東ベルリンを離れないと計画も水の泡だ。リントにうまくとりいり研究をメモし終えた時、ゲルハルトの追及の手が伸びはじめた。マイケルとセーラの必死の逃亡生活が展開された。ゲルハルトの作戦は綿密で執拗だった。新聞は連日写真入りで事件を報道、2人は夜だけしか動くことができなかった。海岸に追いつめられた2人、逮捕は時間の問題と思われた時、危機一髪、フェリーボートが近づいた。アメリカ諜報機関の秘密船だった。九死に一生、2人はスウェーデン行きの船にまぎれこむことができた。―甲板では、いまこそ結婚できると、愛を確かめあうマイケルとセーラの熱い抱擁の姿があった。



スタッフ :
監督 : アルフレッド・ヒッチコック
脚本 : ブライアン・ムーア
製作 : アルフレッド・ヒッチコック
音楽 : ジョン・アディソン
撮影 : ジョン・F・ウォーレン
編集 : バッド・ホフマン

キャスト :
マイケル・アームストロング : ポール・ニューマン
サラ・ルイス・シャーマン : ジュリー・アンドリュース
ハインリッヒ・ゲルハルト : ハンスイェルク・フェルミー
カール・マンフレッド : ギュンター・シュトラック
グスターヴ・リント教授 : ルドウィヒ・ドナート
グロメク : ヴォルフガング・キーリング
クチンスカ伯爵夫人 : リラ・ケドロヴァ
農場主 : モート・ミルズ
コスカ : ギゼラ・フィッシャー
ヤコビ : デヴィッド・オパトッシュ
バレリーナ : タマラ・トゥマノワ
ヒューゴ : モーリス・ドナー
ウィンケルマン教授 : ロバート・ブーン
[ 2018/11/29 15:00 ] サスペンス | TB(-) | CM(-)

地下室のメロディー

(アクション/サスペンス)

『 地下室のメロディー 』
原題 : Melodie en Sous-sol
製作 : 1963年
製作国 : フランス

五年の刑を終って娑婆に出た老ギャングのシャルル(ジャン・ギャバン)は足を洗ってくれと縋る妻ジャネット(ヴィヴィアーヌ・ロマンス)をふりすてて、昔の仲間マリオを訪ねた。マリオはある計画をうち明けた。カンヌのパルム・ビーチにあるカジノの賭金をごっそり頂こうという大仕事だ。相棒が必要なので刑務所で目をつけていたフランシス(アラン・ドロン)と彼の義兄ルイを仲間に入れた。賭金がどのように金庫に運ばれるのかをたしかめると、シャルルは現場での仕事の段取りをつけた。各自の役割がきまった。決行の夜、フランシスは空気穴を通ってエレベーターの屋根にかじりついた。金勘定に気をとられている会計係とカジノの支配人の前に飛びおりた覆面のフランシスの手にマシンガンがあった。彼は会計係から、鍵を奪ってシャルルを表から入れた。札束を鞄に詰めると、シャルルとフランシスは、ルイの運転するロールス・ロイスを飛ばした。金は借りた脱衣所にかくした。警察が乗り出したころ、シャルルとフランシスは何食わぬ顔で別なホテルに納まっていた。完全犯罪は成功したのだ。しかし朝食をとりながら、眺めていた新聞のある記事と写真が一瞬シャルルの眼を釘づけにした。無表情な彼の顔に、かすかな動揺が起った。



スタッフ :
監督 : アンリ・ヴェルヌイユ
原作 : ジョン・トリニャン
脚本 : アルベール・シモナン、ミシェル・オーディアール、アンリ・ヴェルヌイユ
撮影 : ルイ・パージュ
音楽 : ミシェル・マーニュ

キャスト :
シャルル : ジャン・ギャバン
フランシス・ヴェルロット : アラン・ドロン
ジネット : ヴィヴィアーヌ・ロマンス
ロイス・ノーダン : モーリス・ビロー
バーマン : ジャン・カルメ
ブリジット : カルラ・マルリエ
警察のコミッショナー : クロード・セバール
[ 2018/10/16 15:00 ] サスペンス | TB(-) | CM(-)

シャレード

(アクション/サスペンス)

『 シャレード 』
原題 : Charade
製作 : 1963年
製作国 : アメリカ

フランスの冬の観光地。レジーナ(オードリー・ヘップバーン)はフランスの友達とスキーを楽しんでいた。彼女は夫との離婚を決意している。彼女はそのスキー場で偶然ピーター(ケーリー・グラント)と知り合い、強く心をひかれた。パリのアパートに帰った彼女は夫の殺害を知らされ唖然とした。夫の葬儀のとき、会葬者の中に見知らぬ3人の男ーペンソロー(ジェームズ・コバーン)ギデオン(ネッド・グラス)スコビー(ジョージ・ケネディ)がいた。大使館で彼女は情報部長に、夫は戦時中、会葬に来た男たちと共謀して25万ドルを隠匿、戦後山分けをすることになっていたが、夫はそれを裏切り金を持って逃げるところを殺された、政府のお尋ね者だったと聞かされた。レジーナはペンソローやギデオンに脅迫される。スコビーが彼女の部屋に侵入したとき、レジーナの悲鳴を聞いてピーターが窓づたいに逃げる彼を追い、ある部屋につづいて飛び込んだ彼は意外にも例の3人に挨拶した。彼も仲間の1人か。レジーナと、ほかの男たちは、誰もが互いに信じられなくなり彼らは申し合わせて互いに相手の部屋を捜索することにした。やがて、ピーターの部屋でスコビーが死体となって発見された。そして、エレベーターの中でギデオン、自分の部屋でベンスロー、レジーナはピーターが犯人なのか、と疑うが話は二転三転して、ピーターは軍の秘密捜査官であり25万ドルの行方を求めて泥棒紳士になっていたことで結末を告げる。



スタッフ :
監督 : スタンリー・ドーネン
脚本 : ピーター・ストーン
原作 : ピーター・ストーン、マルク・ベーム
製作 : スタンリー・ドーネン
撮影 : チャールズ・ラング
音楽 : ヘンリー・マンシーニ
衣装 : ジヴァンシー

キャスト :
レジーナ・ランパート : オードリー・ヘプバーン
ピーター・ジョシュア : ケーリー・グラント
バーソロミュー : ウォルター・マッソー
テックス : ジェームズ・コバーン
スコビー : ジョージ・ケネディ
ギデオン : ネッド・グラス
シルヴィ : ドミニク・ミノット
ジャン=ルイ : トーマス・チェリムスキー
グランピエール警部 : ジャック・マラン
[ 2018/10/10 15:00 ] サスペンス | TB(-) | CM(-)

太陽がいっぱい

(アクション/サスペンス)

『 太陽がいっぱい 』
原題 : Plein Soleil
製作 : 1960年
製作国 : フランス、イタリア

パトリシア・ハイスミスの小説 The Talented Mr. Ripley (才人リプリー君)を原作とした、悪者が主人公のサスペンス。
トム・リプレイ(アラン・ドロン)は、フィリップ(モーリス・ロネ)と酔っぱらってナポリに遊びにきた。近くの漁村モンジベロからだ。--トムは貧乏なアメリカ青年だ。中学時代の友人・金持のドラ息子フィリップを、父親から頼まれて連れ戻しにきたのだ。五千ドルの約束で。フィリップにはパリ生れのマルジェ(マリー・ラフォレ)という美しい婚約者がいた。--ナポリから帰った時、アメリカから契約をやめる手紙が来ていた。フィリップが約束の手紙を出さなかったからだ。トムが邪魔になっていた。友人のパーティーに向うヨットの上で、トムはますます彼からさげすまれた。裸でボートに放り出され、全身が火傷のように日焼けした。彼は決意し、まず小細工をして、マルジュとフィリップに大喧嘩をさせた。彼女が船から下りたあと、フィリップに向い、刺し殺した。死体はロープで縛り、海へ捨てた。陸へ上ると、彼はフィリップになりすました。ホテルに泊り、身分証明書を偽造し、サインを真似、声まで真似た。金も衣類も使った。ヨットを売り払う交渉も、親元からの送金を引き出す仕事もうまくいった。マルジュあてのフィリップの手紙をタイプし、送った。彼女は彼を忘れられずにいた。ホテルにフィリップの叔母が現れたが、姿をくらますことができ、別の下宿に移った。 そこに、フィリップの友人が訪ねてきて、何かを察したようだった。トムは平生から憎んでいたその男を殺し、死体を捨てた。それは発見され、刑事が調べにきた。死体確認に集った時、トムはマルジェにフィリップはモンシベロに戻ったと告げた。女刑事が盗み聞いていた。トムはモンジベロの家にその夜いくと、遺書を書き、送金を全部ひき出したのをマルジェに残し、自殺したことにした。警官もマルジュも駈けつけたが、彼は逃げおおせた。彼は元のトムに戻り、傷心のマルジェをいたわり、愛を告げた。彼女もついに彼を受け入れ、結婚することになった。遺産も手に入るだろう。彼が海水浴のあと、極上の酒に酔っていた時、フィリップのヨットが売られるために陸に引きあげられていた。スクリューにからまったロープの先からフィリップの死体が現われた。



テーマ曲 : 「太陽がいっぱい」 by ニーノ・ロータ


スタッフ :
監督 : ルネ・クレマン
脚本 : ルネ・クレマン、ポール・ジェゴフ
原作 : パトリシア・ハイスミス
台詞 : ルネ・クレマン、ポール・ジェゴフ
製作 : ロベール・アキム、レイモン・アキム
撮影 : アンリ・ドカエ
美術 : ポール・ベルトラン
音楽 : ニーノ・ロータ

キャスト :
トム・リプレー : アラン・ドロン
フィリップ・グリンリーフ : モーリス・ロネ
マルジュ・デュヴァル : マリー・ラフォレ
リコルディ刑事 : エルノ・クリサ
フレディ・マイルズ : ビル・カーンズ
オブライエン : フランク・ラティモア
ボリス : ニコラス・ペトロフ
ポポヴァ夫人 : エルヴィーレ・ポペスコ
[ 2018/07/02 15:00 ] サスペンス | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ