蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

アラモ

(ドラマ/西部劇)

『 アラモ 』
原題 : The Alamo
製作 : 1960年
製作国 : アメリカ

アメリカ西部開拓史上に有名なアラモ砦の攻防戦を描いたアクション・ドラマ。
1836年、当時メキシコ領のテキサスの原野に、各国から多くの移民が入植していた。メキシコの独裁者サンタ・アナが土地没収と、重税を課す宣言をした。テキサス人は独立運動を起こし、サム・ヒューストン(リチャード・ブーン)が指揮者に選ばれた。サンタ・アナは討伐軍を派遣した。義勇軍はまだ組織が完全でなく、敵軍をサン・アントニオでくいとめ、時間をかせぐ必要があった。ヒューストン将軍はジェイムズ・ボウイ(リチャード・ウィドマーク)と大佐に任じ、サン・アントニオ近郊のアラモ砦の陣地構築を命じた。が、彼は酒びたりで仕事がはかどらず、将軍は後任に若い弁護士出身のトラヴィス大佐「ローレンス・ハーヴェイ」を送り、自分は義勇軍を募るため北方に出発した。厳格で貴族的なトラヴィスと、大地主で親分肌のボウイはことごとに対立した。テキサスの危機を聞いたデヴィ・クロケット(ジョン・ウェイン)は同士とともにサン・アントニオにやってきた。その夜、クロケットはメキシコの美女フラカ(リンダ・クリスタル)の難を救い、町の教会に武器弾薬が隠されていることを聞いた。彼は偶然知り合ったボウイと協力してこれを分捕った。クロケットとフラカは恋仲になった。砦の戦略的価値についてボウイとトラヴィスの意見が対立し、クロケットが仲に入ってまとめた。砦の完成前に、、サンタ・アナの軍隊がサン・アントニオに到着し、無条件降伏を要求した。トラヴィスは拒絶した。メキシコ軍は巨砲をもって砲撃を開始した。その夜、クロケットとボウイは決死隊を率いて巨砲破壊に成功した。サンタ・アナの主力軍が到着した。砦内の婦女子の立退きを勧告してきた。砦の男たちは感慨無量の面持で、退去する人々を見送った。ただディッキンスン大尉夫人だけは残留した。メキシコ軍の攻撃、砦の兵士の敢闘と、戦況は一進一退を続けた。ある晩、ボウイのところに愛妻が死んだ知らせがきた。トラヴィスは軍規違反と手紙をとりあげたが、真相を知って彼に詫びた。ボンハム大尉が援軍500がメキシコ軍に撃退されたという悲報をもたらした。ヒューストン将軍の義勇軍もだこない。ボウイやクロケットは砦で討死にするのに反対した。が、トラヴィスの死守の決意にうたれ、180名の兵士は砦を守ることになった。7000のメキシコ軍は物量を頼み、総攻撃を開始した。砦の兵士は次々に倒れ、トラヴィス、クロケット、ボウイの獅子奮尽の甲斐もなく、それぞれ凄烈な戦死を遂げた。3月6日――アラモ守備軍は全滅した。ただ1人ディッキンスン夫人が生き残った。サンタ・アナは夫人にロバを与え、砦の外に送りだした。守備隊の勇猛果敢な活躍は、夫人の口から人々に伝えられた。



テーマ曲 : 「The Green Leaves of Summer」 by ディミトリ・ティオムキン


スタッフ :
監督 : ジョン・ウェイン
脚本 : ジェームズ・エドワード・グラント
製作 : ジョン・ウェイン
撮影 : ウィリアム・H・クローシア
美術 : アルフレッド・ヤバラ
衣装 : アン・ペック
作詞 : ポール・フランシス・ウェブスター
作曲 : ディミトリ・ティオムキン
指揮 : ディミトリ・ティオムキン
SFX : リー・ザビッツ
技術顧問 : ジャック・ペニック

キャスト :
デイビー・クロケット大佐 : ジョン・ウェイン
ジム・ボウイ : リチャード・ウィドマーク
ウィリアム・トラビス大佐 : ローレンス・ハーヴェイ
スミティ : フランキー・アバロン
ジェームス・ボーナム : パトリック・ウェイン
フラカ : リンダ・クリスタル
ディッキンソン夫人 : ジョーン・オブライエン
蜂蜜屋 : チル・ウィルス
フアン・セギン : ジョセフ・カレイア
アルメロン・ディッキンソン大尉 : ケン・カーチス
ジェスロ : ジェスター・ヘアストン
サザーランド医師 : ウィリアム・ヘンリー
サム・ヒューストン将軍 : リチャード・ブーン
サンタ・アナ大元帥 : ルーベン・パディラ
[ 2018/07/10 15:00 ] 西部劇 | TB(-) | CM(-)

ジョン・ヒューストン

(スタッフ/監督)

『 ジョン・ヒューストン 』 John Huston

生年月日 : 1906年08月05日
没年月日 : 1987年08月28日( 81 歳没)
出生地 : ミズーリ州
国籍 : アメリカ合衆国
職業 : 映画監督・脚本家・俳優
受賞 :
アカデミー賞
監督賞、脚色賞
1948年『黄金』
ゴールデングローブ賞
監督賞
1948年『黄金』
1985年『女と男の名誉』
助演男優賞
1963年『枢機卿』

ジョン・ヒューストン

父親は俳優のウォルター・ヒューストン。ミズーリ州にて俳優一家に生まれ、3歳の時から舞台に立つ。ティーンエイジャーの頃はボクシングに熱中し、その後各地を放浪して様々な職業に就いた。後にハリウッドに落ち着いて脚本を書くようになり、『モルグ街の殺人』や『黒蘭の女』などの脚本を手がけて実績を積んだ後、1941年にハンフリー・ボガート主演の『マルタの鷹』で監督としてデビューした。ボガートとは生涯親交が深く、多くの主演作品を撮っている。男性的で骨太なタッチの作品が多く、また、目的を持って行動する主人公たちが徒労の果てに挫折していくというストーリーをしばしば取り上げることも特徴である。その典型である1948年の作品『黄金』はアカデミー監督賞と脚色賞を受賞した。赤狩りの時代にはアメリカを嫌ってメキシコに移住した。このためアメリカ国外で企画・製作した作品も多い。

主な監督作品 :
1941年 マルタの鷹 : The Maltese Falcon
1942年 パナマの死角 : Across the Pacific
1948年 黄金 : The Treasure of the Sierra Madre
1948年 キー・ラーゴ : Key Largo
1950年 アスファルト・ジャングル : The Asphalt Jungle
1951年 アフリカの女王 : The African Queen
1952年 赤い風車 : Moulin Rouge
1953年 悪魔をやっつけろ : Beat the Devil
1956年 白鯨 : Moby Dick
1960年 許されざる者 : The Unforgiven
1961年 荒馬と女 : The Misfits
1964年 イグアナの夜 : The Night of the Iguana
1966年 天地創造 : The Bible
1967年 007 カジノロワイヤル : Casino Royale
1972年 ロイ・ビーン : The Life and Times of Judge Roy Bean
1972年 マッキントッシュの男 : The MacKintosh Man
1975年 王になろうとした男 : The Man Who Would Be King
1980年 勝利への脱出 : Escape to Victory
1982年 アニー : Annie
1984年 火山のもとで : Under the Volcano
1985年 女と男の名誉 : Prizzi's Honor
1987年 ザ・デッド/「ダブリン市民」より : The Dead
[ 2018/07/08 15:00 ] 監督 | TB(-) | CM(-)

アパートの鍵貸します

(ドラマ/ラブ・コメディ )

『 アパートの鍵貸します 』
原題 : The Apartment
製作 : 1960年
製作国 : アメリカ
アカデミー作品賞受賞

ニューヨークのさる大保険会社の一平社員バクスター、通称バド(ジャック・レモン)は、野望に燃える青年である。勿論出世のことである。その方法は、4人の課長にアパートの鍵を貸すだけで充分だった。4人はアパートをせっせと愛用し、バドの昇給にせっせと尽力した。そこに人事部長のシェルドレイク氏(フレッド・マクマレイ)も加わった。部長のよろめきの御相手は会社のエレベーター嬢フラン(シャーリー・マクレーン)。バドはこの丸ぽちゃで適当にグラマーのフランに片想いしていたので、少なからずショックだった。社員のクリスマス・パーティでフランのコンパクトを見たバドは、頭にくる。数日前バドのアパートに置き忘れられたので、バドが部長に返却申しあげたものと同一だったのである。酔ったバドが年増の金髪美人を連れてアパートに帰ると、そこでフランが自殺をはかっていた。離婚をした暁にはきっと君と…、と言うばかりで実行しないシェルドレイク氏の不実に絶望し、バド愛用の睡眠薬を全部飲んでしまったのだ。金髪美人を追い帰して、必死に看病するバドの心はフランを想う気持ちで一杯だった。翌朝、一大決心をしたバドは、部長にフランとの結婚を打ち明けようとする。その瞬間、部長は離婚が成立し、フランと結婚する旨をバドに宣告する。すべては後の祭りだった。人の気も知らない部長は、またもアパートの鍵の借用を申しこんできた。カンニン袋の緒を切ったバドは、辞表を叩きつけて会社を飛び出す。その夜、フランは部長とレストランへ。そこで今夜はアパートは使えない、と聞いたフランはハッと気がつく。バドの優しい想いと、自分を本当に愛しているのは誰か、ということを。部長を置き去りに、フランはバドのアパートの階段をかけ上がった。その耳にズドーンと銃声が。もしや自殺!? 部屋に転がり込んだフランの目に映ったのは、他の町での再出発をひとり淋しく祝ってシャンペンの栓を抜いたバドの姿だった。重役になれるかどうかは別問題。だが、バドの独身生活に栄光ある終わりが近いことは、確かなようである。メデタシ メデタシ。



スタッフ :
監督 : ビリー・ワイルダー (アカデミー監督賞受賞)
脚本 : ビリー・ワイルダー、I・A・L・ダイアモンド
製作 : ビリー・ワイルダー
制作補 : ドーン・ハリソン、I・A・L・ダイアモンド
撮影 : ジョセフ・ラシェル
美術 : アレクサンドル・トローネ
セット : エドワード・G・ボイル
音楽 : アドルフ・ドイッチェ
編集 : ダニエル・マンデル

キャスト :
C・C・バクスター(バド) : ジャック・レモン
フラン・キューブリック : シャーリー・マクレーン
ジェフ・D・シェルドレイク : フレッド・マクマレイ
ジョー : レイ・ウォルストン
ドレイファス医師 : ジャック・クラッシェン
[ 2018/07/06 15:00 ] ラブ・コメディ | TB(-) | CM(-)

G.I.ブルース

(ドラマ/ラブ・コメディ )

『 G.I.ブルース 』
原題 : G.I.Blues
製作 : 1960年
製作国 : アメリカ

西ドイツ駐屯アメリカ装甲師団の人気者3人男タルサ(エルヴィス・プレスリー)とリック(ジェームズ・ダグラス)とクッキー(ロバート・アイヴァース)は、除隊したら故郷オクラホマでナイトクラブをやろうと相談している仲間である。アツサは歌がうまい戦車の砲手だ。部隊が駐屯しているフランクフルトにオイローパというカフェがあり、そこにリリ(ジュリエット・プラウズ)という美しいダンサーがいた。タルサ立ちの部隊では、身持ちの固い彼女を陥落させた者には300ドルが与えられる賭けができていた。ところが、そのためリリとデートすることになって選ばれていた代表選手の兵士がアラスカ転属となり、ピンチ・ヒッターに何とタルサが指名されてしまった。テルサは苦心のすえリリとデートする機会を得た。2人はカフェをまわっているうちにだんだん仲よくなった。彼女はタルサを自分のアパートに誘った。しかしそこには彼女の同居人ティナがいた。明くる日からタルサの恋は真剣になってしまった。リリも彼に好意をよせた。が、リリはある日タルサの上官から、自分には300ドルの金が賭けられているのを聞いてしまった。リリは失望し、タルサの弁解も聞かなかった。がっかりしたタルサは戦友リックとその恋人マーラの間に生まれた赤ん坊のおもりをして心をなぐさめた。だが赤ん坊は泣いてばかりいた。困ったタルサは唯1人の女の友達であるリリに電話で相談した。赤ん坊をつれて、タルサはリリのアパートに行った。賭けに参加した兵士たちはリリとタルサが赤ん坊を抱いているのを見て驚いた。リリの心がとけてタルサが彼女を獲得したのはいうまでもない。



主題歌 : 「G.I.Blues」 by エルヴィス・プレスリー


スタッフ :
監督 : ノーマン・タウログ
脚本 : エドモンド・ベロイン、ヘンリー・ガーソン
製作 : ハル・B・ウォリス
撮影 : ロイヤル・グリグス
美術 : ハル・ペレイラ、ウォルター・タイラー
音楽 : ジョセフ・J・リリー
編集 : ウォーレン・ロウ

キャスト :
タルサ・マッコーリー : エルヴィス・プレスリー
リック : ジェームズ・ダグラス
クッキー : ロバート・アイヴァース
リリー : ジュリエット・プラウズ
ティナ : レティチア・ローマン
マーラ : シグリッド・マイヤー
[ 2018/07/04 15:00 ] ラブ・コメディ | TB(-) | CM(-)

太陽がいっぱい

(アクション/サスペンス)

『 太陽がいっぱい 』
原題 : Plein Soleil
製作 : 1960年
製作国 : フランス、イタリア

パトリシア・ハイスミスの小説 The Talented Mr. Ripley (才人リプリー君)を原作とした、悪者が主人公のサスペンス。
トム・リプレイ(アラン・ドロン)は、フィリップ(モーリス・ロネ)と酔っぱらってナポリに遊びにきた。近くの漁村モンジベロからだ。--トムは貧乏なアメリカ青年だ。中学時代の友人・金持のドラ息子フィリップを、父親から頼まれて連れ戻しにきたのだ。五千ドルの約束で。フィリップにはパリ生れのマルジェ(マリー・ラフォレ)という美しい婚約者がいた。--ナポリから帰った時、アメリカから契約をやめる手紙が来ていた。フィリップが約束の手紙を出さなかったからだ。トムが邪魔になっていた。友人のパーティーに向うヨットの上で、トムはますます彼からさげすまれた。裸でボートに放り出され、全身が火傷のように日焼けした。彼は決意し、まず小細工をして、マルジュとフィリップに大喧嘩をさせた。彼女が船から下りたあと、フィリップに向い、刺し殺した。死体はロープで縛り、海へ捨てた。陸へ上ると、彼はフィリップになりすました。ホテルに泊り、身分証明書を偽造し、サインを真似、声まで真似た。金も衣類も使った。ヨットを売り払う交渉も、親元からの送金を引き出す仕事もうまくいった。マルジュあてのフィリップの手紙をタイプし、送った。彼女は彼を忘れられずにいた。ホテルにフィリップの叔母が現れたが、姿をくらますことができ、別の下宿に移った。 そこに、フィリップの友人が訪ねてきて、何かを察したようだった。トムは平生から憎んでいたその男を殺し、死体を捨てた。それは発見され、刑事が調べにきた。死体確認に集った時、トムはマルジェにフィリップはモンシベロに戻ったと告げた。女刑事が盗み聞いていた。トムはモンジベロの家にその夜いくと、遺書を書き、送金を全部ひき出したのをマルジェに残し、自殺したことにした。警官もマルジュも駈けつけたが、彼は逃げおおせた。彼は元のトムに戻り、傷心のマルジェをいたわり、愛を告げた。彼女もついに彼を受け入れ、結婚することになった。遺産も手に入るだろう。彼が海水浴のあと、極上の酒に酔っていた時、フィリップのヨットが売られるために陸に引きあげられていた。スクリューにからまったロープの先からフィリップの死体が現われた。



テーマ曲 : 「太陽がいっぱい」 by ニーノ・ロータ


スタッフ :
監督 : ルネ・クレマン
脚本 : ルネ・クレマン、ポール・ジェゴフ
原作 : パトリシア・ハイスミス
台詞 : ルネ・クレマン、ポール・ジェゴフ
製作 : ロベール・アキム、レイモン・アキム
撮影 : アンリ・ドカエ
美術 : ポール・ベルトラン
音楽 : ニーノ・ロータ

キャスト :
トム・リプレー : アラン・ドロン
フィリップ・グリンリーフ : モーリス・ロネ
マルジュ・デュヴァル : マリー・ラフォレ
リコルディ刑事 : エルノ・クリサ
フレディ・マイルズ : ビル・カーンズ
オブライエン : フランク・ラティモア
ボリス : ニコラス・ペトロフ
ポポヴァ夫人 : エルヴィーレ・ポペスコ
[ 2018/07/02 15:00 ] サスペンス | TB(-) | CM(-)
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ