蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

王様と私

(ドラマ/ミュージカル)

『 王様と私 』
原題 : The King and I
製作 : 1956年
製作国 : アメリカ

1862年、アンナ夫人(デボラ・カー)は息子ルイズ(レックス・トンプソン)を連れてシャム王(ユル・ブリンナー)の王子や王女らの教師としてイギリスからシャムに渡る。バンコックでは首相のクララホーム(マーティン・ベンソン)の出迎え。アンナは王が宿舎提供の約束を忘れていることを知り、直談判しようとする。王はビルマ大公の貢物、美姫タプティム(リタ・モレノ)を受け取ったところ。早々アンナを後宮へ伴い正妃ティアンを始め数多くの王子、王女らを引合わせる。アンナは王の子女の教育についてティアン妃の援助を受けることになり、タプティムは妃達に英語を教えることになる。アンナはタプティムの恋人がビルマから彼女を連れてきた使者ラン・タと知り、何とか心遣いをしてやった。アンナは王子、王女らの教育で“家”という言葉を教え、宿舎の提供を怠った王の耳に入れようとする。次代の王、チュラロンコーン王子は、シャムは円い地球上の小国と言い出し、驚いた王は授業参観に赴くが、却ってタプティムの朗読する“トムおじの小屋”に感激。だが首相は王の頭を混乱させるとアンナを避難する。ある日、自分が英人から野蛮人と考えられていると知った王は、保護国の資格を失うと考え、近く国情調査にくる英特有のもてなしをアンナに一任。やがて特使ジョン・ヘイ卿の歓迎晩餐会は、ヨーロッパ風の豪華なもの。宴は成功裡に終ったが、タプティムは恋人と駈落ちする。捕らえられた彼女のアンナのとりなしで笞刑を逃れるがラン・タは殺害。愛想をつかして故国へ戻ろうとするアンナとルイズ。だが船が出帆する日、王は心臓発作で倒れる。アンナは教え子の願いでシャムに留まることになり、王は宿舎新築を約束して息を引き取る。



主題歌 : 「Shall we dance?」 by ユル・ブリンナー、デボラ・カー


スタッフ :
監督 : ウォルター・ラング
脚本 : アーネスト・リーマン
原作 : マーガレット・ランドン
製作 : チャールズ・ブラケット
撮影 : レオン・シャムロイ
音楽 : リチャード・ロジャース、オスカー・ハマースタイン2世、アルフレッド・ニューマン

キャスト :
王 : ユル・ブリンナー (アカデミー主演男優賞受賞)
アンナ・レオノーウェンズ : デボラ・カー
タプティム : リタ・モレノ
ルイス : レックス・トンプソン
クララホーム : マーティン・ベンソン
ラン・タ : カルロス・リヴァス
チュラロンコーン王子 : パトリック・アディアート
エリザ : ユリコ
サー・ジョン・ヘイ : アラン・モウブレイ
サー・エドワード・ラムゼイ : ジェフリー・トゥーン
[ 2018/04/29 15:00 ] ミュージカル | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ