蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

黄色い老犬

(ディズニー実写)

『 黄色い老犬 』
原題 : Old Yeller
製作 : 1957年
製作国 : アメリカ

フレッド・ジプソンの原作にもとづく、2人の少年と1頭の年老いた犬との愛情の物語。
南北戦争直後のテキサス--コーツ一家では父のジム(フェス・パーカー)がカンサスへ牛追いに旅立った。後に残ったのは母のケイティ(ドロシー・マクガイア)とトラビス(トミー・カーク)、アーリス(ケヴィン・コーコラン)の兄弟だった。ある日、黄色い老犬が現われて畑を荒した。怒ったトラビスは犬を追い出した。ケイティは遊び相手のいないアーリスのために、この犬を飼うことにした。茂みでアーリスは子熊をみつけた。そこに親熊が現われたが、老犬の活躍でアーリスを救った。トラビスは老犬イエラーを見直した。村のバット老人は怠け者だ。孫娘のリスベスと一緒に、食事時になるとよくコーツ家を訪れた。トラビスはイエラーが村の家々から食料品を盗んでいることを知った。リスベスは彼女が飼っているメス犬のプリッイが仔犬を生み、その父親がイエラーであるのを知っていた。イエラーは暴れ牛をこらしめたりし、コーツ家にはなくてはならぬ存在となった。ある日、バーンという牧童がやって来た。彼は行方不明になった犬を探していた。イエラーはバーンの犬だった。しかしバーンはアーリスの悲しそうな顔をみて、イエラーを残していくことにした。帰る時、バーンはトラビスに、恐水病が流行しているから注意するようにいい残した。翌日、トラビスはイエラーと猪狩りに出かけた。トラビスは水の上から猪の群の中に落ち、イエラーに救われた。イエラーも怪我をしたが、やがて回復した。バーンがいった恐水病は、コーツ家の牛にも伝染した。恐水病にかかった狼がケイティに襲いかかった。今度もイエラーの活躍で難を逃れた。が、イエラーも傷つき、それが原因で恐水病にかかった。イエラーは凶暴な野獣となった。トラビスは泣きながら老犬を射殺した。長い旅を終えた父ジムが戻って来た。話を聞いてジムはトラビスをなぐさめた。苦しいことを乗り越えてこそ本当の男だと。リスベスが連れて来た仔犬はイエラーにそっくりだった。アーリスは子犬と元気に野原を駈けまわるのだった。



スタッフ :
製作 : ロバート・スティーヴンソン
監督 : ロバート・スティーヴンソン
脚本 : フレッド・ジプソン、ウィリアム・ターンバーグ
原作 : フレッド・ジプソン
撮影 : チャールズ・P・ボイル
美術 : キャロル・クラーク
音楽 : オリヴァー・ウォーレス

キャスト :
ケイティ・コーツ : ドロシー・マクガイア
ジム・コーツ : フェス・パーカー
バット・サーシー : ジェフ・ヨーク
トラビス・コーツ : トミー・カーク
アーリス・コーツ : ケヴィン・コーコラン
リスベス・サーシー : ヴィヴァリー・ワシュバーン
バーン・サンダーソン : チャック・コナーズ
[ 2018/05/23 15:00 ] ディズニー実写 | TB(-) | CM(-)
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ