蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

ベン・ハー

(アクション/史劇)

『 ベン・ハー 』
原題 : Ben-Hur
製作 : 1959年
製作国 : アメリカ
アカデミー作品賞受賞

ルー・ウォレス将軍氏の小説を映画化した大作品である。これは一ユダヤ人ベン・ハーの物語であると共にキリストの物語でもある。
西暦1世紀の初め、ユダヤがローマ帝国の支配下にあった頃の話。ユダヤの都エルサレムにローマ駐屯軍の新将校が着任した。メッセラ(スティーブン・ボイド)である。彼はこの地の豪族の息子ベン・ハー(チャールトン・ヘストン)と幼な友達だった。しかし、メッセラは立身出世主義者となっており、ベン・ハーと今は相いれなかった。ある事件からベン・ハーの一家がローマへの反逆罪に問われた時、メッセラは無罪の口添えをこわれたが、拒否した。ために、ベン・ハーの母と妹は地下牢に入れられ、ベン・ハー自身は奴隷としてローマ軍船へ送られた。途中、砂漠で渇に倒れようとした時、飲み水を恵んでくれた人があった。ベン・ハーはこの人を忘れなかった。ローマ艦隊が海賊船団と戦った際、ベン・ハーは司令官アリアスの命を救った。彼はその養子に迎えられたが、ユダヤの地に帰った。そこでハー家の財宝を守っていたサイモニデスとその娘エスター(ハイヤ・ハラリート)にめぐり合った。エスターは、ライの谷へ送られていくベン・ハーの母と妹に出会っていたが、彼女らの願いで2人は地下牢で死んだと告げた。ベン・ハーは2人の仇を討つことを誓い、大戦車競争に出場し、メッセラを破った。重傷を負ったメッセラは母と妹はライの谷にいるとベン・ハーに言った。早速彼は母と妹を迎えた。途中、十字架を負って刑場に向かうキリストを見送った。砂漠で水を恵んでくれた人だ。今度はバン・ハーが1杯の水を捧げた。その行列を見守った母と妹は、病いが奇蹟的にいえた。



スタッフ :
監督 : ウィリアム・ワイラー (アカデミー監督賞受賞)
助監督 : セルジオ・レオーネ
製作 : サム・ジンバリスト
原作 : ルー・ウォーレス
脚本 : カール・タンバーグ
撮影 : ロバート・L・サーティース
音楽 : ミクロス・ローザ

キャスト :
ジュダ=ベン・ハー : チャールトン・ヘストン (アカデミー主演男優賞受賞)
メッサーラ : スティーヴン・ボイド
クインタス・アリウス : ジャック・ホーキンス
エスター : ハイヤ・ハラリート
族長イルデリム : ヒュー・グリフィス (アカデミー助演男優賞受賞)
ミリアム : マーサ・スコット
ティルザ : キャシー・オドネル
ポンティウス・ピラトゥス : フランク・スリング
サイモニデス : サム・ジャッフェ
バルサザー : フィンレイ・カリー
ドルーサス : テレンス・ロングドン
セクスタス : アンドレ・モレル
フレビア : マリナ・ベルティ
ローマ人 : ジュリアーノ・ジェンマ
イエス・キリスト : クロード・ヒーター
[ 2018/06/02 15:00 ] 史劇 | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ