蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

グランド・ホテル

(ドラマ/ヒューマン)

『 グランド・ホテル 』
原題 : Grand Hotel
製作 : 1932年
製作国 : アメリカ
アカデミー作品賞受賞

ホテルはいわば人生の縮図である。ベルリンのグランド・ホテルの1日、ここに登場する人々の生活を例にとってみよう。機業界の大立物プレイジンクは自己の事業が危機に瀕したので他の会社との合同を企てていた。エキゾチックな踊り子として艶名を謳われたグルシンスカヤは昨日の人気も失せ、明日にも自殺を決行せん許り全く気力を失っていた。フォン・ガイゲルン男爵は賭博に浮き身をやつしてた挙げ句、多大の借財を負って盗賊団に身を投じていた。彼はグルシンスカヤの宝石を盗み出して債務を逃れんとしていた。これに加わる新しい登場人物が女速記者のフレムヘン、すこぶる性的魅力のある女で最近プレイジンクに雇われたのである。その外かつてはプレイジングの会社の帳簿係をしていたクリンゲラインは健康を害して自暴自棄になり、せめてこの世の名残にもと、へそくり金でグランド・ホテルに投宿して豪勢なる雰囲気に浸っていた。クリンゲラインはガイゲルン男爵と知己となり共にフレムヘンとも親しい仲になった。プレイジングは自分の画策した合同運動が失敗に帰し、心ならずもついに不正手段で取引に成功した。これが彼の道徳観念に動揺を与え、フレムヘンに金を与え商用を口実に彼女と共に旅行せぬかと説いた。彼女は同意した。グルシンスカヤは一夜自分の部屋に戻ってくると意外にも男爵が自分の部屋に隠れているのを発見した。彼は彼女を愛してここまで追ってきたと弁解し人生の歓喜を讃える。彼女は彼を疑おうともしない。翌朝男爵は彼女から盗んだ宝石を返して、彼の愛の真剣であることを訴える。彼女は喜んで翌朝2人は一緒にホテルを立つことを約束する。その夜プレイジングは自分の部屋でフレムヘンに切ない胸のうちを打ち明けようとする。依然金の調達に執着していた男爵はプレイジングの部屋に忍び入った。物音を聞きつけたプレイジングは怪しげな男を発見して彼に飛びかかり猛烈な格闘を演じてついに男爵を殺してしまう。罪を逃れんとの一念から狂乱のプレイジングはクリンゲラインに罪を隠匿させようとする。卑劣なる脅迫に臆せぬクリンゲラインは一笑に附して直ちに警察を呼んだ。夜が明けた。フレムヘンは気の毒なクリンゲラインを慰める。2人はパリに行き新しい生涯に入ることを決心する。一方グルシンスカヤのマネジャー達は彼女が男爵の悲惨事を耳にする事を恐れたが、未だ何も知らぬ彼女は数年来経験せぬ幸福感に打たれ唄を口ずさみながらホテルのロビーを通り抜け停車場へ歩を運ぶ、男爵の行衛を心配しつつも。プレイジングは警察に引致された。男爵の死骸はホテルの裏口から運び出された。クリンゲラインとフレムヘンは新生の喜びに浸りつつパリへ出発する。かくてグランド・ホテルの新しき日が再び迎えられる。



スタッフ :
監督 : エドマンド・グールディング
製作 : アーヴィング・G・タルバーグ
原作 : ヴィッキー・バウム
脚本 : ウィリアム・A・ドレイク
撮影 : ウィリアム・H・ダニエルズ

キャスト :
グルシンスカヤ : グレタ・ガルボ
ガイゲルン男爵 : ジョン・バリモア
フレムヒェン(速記者) : ジョーン・クロフォード
プライジング : ウォーレス・ビアリー
クリンゲライン : ライオネル・バリモア
オッテルンシュラーク医師 : ルイス・ストーン
ゼンフ(ポーター) : ジーン・ハーショルト
ポーター : レオ・ホワイト
[ 2017/11/01 15:00 ] ヒューマン | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ