蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

追いつめられて…

(アクション/サスペンス)

『 追いつめられて… 』
原題 : Tiger Bay
製作 : 1959年
製作国 : イギリス

英国の港町を舞台のサスペンス・ドラマ。原作はフランスのスリラー作家ノエル・カレフの短篇『アドルフと拳銃』。
イギリス最大の石炭積出港カーディフの一角、タイガー・ベイにポーランド人の船員コーチンスキー(ホルスト・ブッフホルツ)は上陸した。同じ故国をもつ恋人アーニャに会うためだ。しかしアーニャは彼に愛想づかしを言った。もっと金持の立派な男ができたというのだ。逆上した彼はアーニャがとりだした拳銃を奪って彼女を射殺した。--この光景を十歳の少女ギリー(ヘイリー・ミルズ)が郵便受けの穴から見ていた。彼女は、つねづね遊び仲間が持っているような拳銃が欲しかった。コーチンスキーが隠した拳銃を彼女はそっと盗みだした。それを目撃しながら、人目を恐れて彼はギリーを追うことができなかった。グラハム警部(ジョン・ミルズ)が事情をしらべにきた。しかしギリーは、コーチンスキーのことを口にださなかった。その日に教会で結婚式があった。ギリーは聖歌隊の一人として式に参列していた。そこで、彼女はコーチンスキーに見つけられた。式のあとでギリーはコーチンスキーに屋根裏に追いつめられた。だが、十字架の前でついおかした殺人をざんげして泣くコーチンスキーと、マセた子供のギリーの間には、不思議な友情が成立した。船で外国につれていくという約束でギリーは彼と行を共にすることにした。郊外の丘の上で二人は夜を明かした。グラハム警部はアーニャ殺しの犯人を求めて、コーチンスキーの名を容疑者の中に加えた。その頃、コーチンスキーは海外に逃れるためブラジル行の船にのっていた。丘の上でハイキングの一行に見つけられ、警部の所につれてこられたギリーは、船が領海線を越える七時まで、コーチンスキーについて口を割ろうとしなかった。だが、警部は彼女をつれて船を追った。警部が船長とおし問答するうちに、船はイギリスの領海を出た。もうコーチンスキーを逮捕することはできない。ギリーは彼に外国へいっしょにつれていくようにたのんだ。だが、同行を拒否されて、下船を拒み船内を逃げ出したギリーが、あやまって海に落ちた。コーチンスキーはすぐに海中にとびこんで彼女を救った。イギリス警察のランチにすくいあげられ、彼は逮捕された。



スタッフ :
監督 : J・リー・トンプソン
脚本 : ジョン・ホークスワース、シェリー・スミス
原作 : ノエル・カレフ
製作 : ジョン・ホークスワース
撮影 : エリック・クロス
美術 : エドワード・カーリック
音楽監督 : ローリー・ジョンソン
作曲 : ローリー・ジョンソン

キャスト :
グラハム警部 : ジョン・ミルズ
コーチンスキー : ホルスト・ブッフホルツ
ギリー : ヘイリー・ミルズ (英国アカデミー賞 新人賞受賞)
アーニャ : イヴォンヌ・ミッチェル
フィリップス夫人 : メグス・ジェンキンズ
バークレー : アンソニー・ドーソン
[ 2018/06/04 15:00 ] サスペンス | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ