蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

リオ・ブラボー

(ドラマ/西部劇)

『 リオ・ブラボー 』
原題 : Rio Bravo
製作 : 1959年
製作国 : アメリカ

B・H・マッキャンベルの短編小説を原作とした西部劇映画。
メキシコとの国境に近いテキサスの町リオ・ブラボ--保安官のチャンス(ジョン・ウェイン)は、殺人犯ジョーを捕えた。しかし、ジョーの兄バーデットはこの地方の勢力家で、彼の部下に命じて町を封鎖したため、チャンスは窮地に陥った。チャンスはジョーを町から連れ出すことも、応援を頼むことも出来なかった。チャンスの味方は、身体の不自由なスタンピイ老人(ウォルター・ブレナン)と早射ちの名人デュード(ディーン・マーティン)の2人だった。町を封鎖されたため、若い美人のフェザース(アンジー・ディッキンソン)や、チャンスの親友パットも外へ出られなかった。パットは燃料やダイナマイトを輸送する馬車隊を、護衛のコロラドと一緒に指揮していた。チャンスはフェザースがホテル・カシノでイカサマ賭博をしていると知らされ、彼女を尋問した。が、コロラドの証言で、フェザースは無罪だった。パットはパーデットの雇った殺し屋に射ち殺された。チャンスはフェザースの不幸な身の上を知り、なにかと世話をしてやった。これを機会に、2人の仲は接近した。ある日、デュードはバーデッドの配下に、不意をつかれて捕まった。バーデットはチャンスに、ジョーとデュードを交換しようと申し込んだ。チャンスは周囲の状況から、それを承諾せねばならなかった。翌朝、2人を交換することになった。デュードはスキをみてジョーに飛びかかった。これを機に両者の凄烈な射ち合いとなった。チャンスたちが苦戦していると、スタンピイ老人がパットの残していったダイナマイトを、バーデットのたてこもる倉庫に投げつけた。それをチャンスがピストルで射った。さしものバーデットも、遂に降服した。バーデットはジョーと共に監禁された。そして、チャンスとフェザースはめでたく結ばれることになった。



テーマ曲 : 「皆殺しの歌」 by ニニ・ロッソ


挿入歌 : 「ライフルと愛馬」、「シンディー」
by ディーン・マーティン、リッキー・ネルソン


スタッフ :
監督 : ハワード・ホークス
脚本 : ジュールス・ファースマ、リー・ブラッケット
原作 : B・H・マッキャンベル
製作 : ハワード・ホークス
撮影 : ラッセル・ハーラン
美術 : Leo K. Kutet
音楽 : ディミトリ・ティオムキン

キャスト :
ジョン・T・チャンス : ジョン・ウェイン
デュード : ディーン・マーティン
コロラド・ライアン : リッキー・ネルソン
フェザーズ : アンジー・ディキンソン
スタンピー : ウォルター・ブレナン
ネイザン : ジョン・ラッセル
ジョー : クロード・エイキンス
カルロス : ペドロ・ゴンザレス=ゴンザレス
パット : ワード・ボンド
[ 2018/06/16 15:00 ] 西部劇 | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ