蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

波も涙も暖かい

(ドラマ/ヒューマン)

『 波も涙も暖かい 』
原題 : A Hole in the Head
製作 : 1959年
製作国 : アメリカ

マイアミの歓楽街の真中で、トニー(フランク・シナトラ)は小さなホテル“エデンの園”を経営していた。楽天的な男やもめだが、幼い1人息子アリー(エディ・ホッジス)を男手一つで育ててきた。毎晩シャールという無軌道娘(キャロリン・ジョーンズ)と遊び廻っていたら、“エデンの園”を明け渡さねばならなくなった。いつものように兄のマリオ(エドワード・G・ロビンソン)に助けを求めたが、ニューヨークで婦人用品店を営むこの<しまり屋>は、ぐうたらな弟を援助するはずはなかった。苦しまぎれに息子が病気というと、心やさしいその妻ソフィは夫をひっぱってきた。トニーは早速借金を頼むが、ムダだ。アリーをニューヨークで育てる案を出すが、アリーは父のそばを離れたがらぬ。旧友で今では大金持ちになったジェリーが帰ってきた。そっちから金を引っ張りだす手もある。マリオ夫妻は弟のための1つのプランを持っていた。知り合いのやさしい未亡人ロジャース(エリナ・パーカー)を彼に会わせ、結婚して落ち着く気になったら、小じんまりした商売を持たせようと。トニーは兄の気持ちを損じさせまいとロジャースに会うが、予想以上に美しいのに驚いた。アリーも彼女になついた。結婚するふりをするが、マリオは依然としてトニーに金を貸さない。シャールは怒って消えた。ジェリーから金を引き出すために、車を売り500ドル作った。一緒に行ったドッグ・レースの、最初のレースがゴマンとついた。調子に乗ったら、元のモクアミ。しかも、成金のジェリーに侮辱され、さすがのトニーもションボリした。息子を兄夫婦にあずけることを決心した。息子はきかず、なぐりつけて、連れていかせた。空港への途中、アリーは車から飛び降り、父のもとへかえった。なぎさでトニーを抱きしめた。ロジャース夫人はトニーを愛してい、2人を受けいれた。やっとマリオ夫婦は安心した。波も涙も暖かった。



主題歌 : 「ハイ・ホープス」 (アカデミー歌曲賞)
by フランク・シナトラ、エディ・ホッジス


スタッフ :
監督 : フランク・キャプラ
脚本 : アーノルド・シュルマン
原作 : アーノルド・シュルマン
製作 : フランク・キャプラ
撮影 : ウィリアム・H・ダニエルズ
美術 : エディ今津
音楽 : ネルソン・リドル
編集 : ウィリアム・ホーンベック

キャスト :
トニー : フランク・シナトラ
マリオ : エドワード・G・ロビンソン
アリー : エディ・ホッジス
ロジャース夫人 : エレノア・パーカー
シャール : キャロリン・ジョーンズ
ソフィー : セルマ・リッター
ジェリー : キーナン・ウィン
ドリーン : ジョイ・ランシング
[ 2018/06/20 15:00 ] ヒューマン | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ