蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

地下室のメロディー

(アクション/サスペンス)

『 地下室のメロディー 』
原題 : Melodie en Sous-sol
製作 : 1963年
製作国 : フランス

五年の刑を終って娑婆に出た老ギャングのシャルル(ジャン・ギャバン)は足を洗ってくれと縋る妻ジャネット(ヴィヴィアーヌ・ロマンス)をふりすてて、昔の仲間マリオを訪ねた。マリオはある計画をうち明けた。カンヌのパルム・ビーチにあるカジノの賭金をごっそり頂こうという大仕事だ。相棒が必要なので刑務所で目をつけていたフランシス(アラン・ドロン)と彼の義兄ルイを仲間に入れた。賭金がどのように金庫に運ばれるのかをたしかめると、シャルルは現場での仕事の段取りをつけた。各自の役割がきまった。決行の夜、フランシスは空気穴を通ってエレベーターの屋根にかじりついた。金勘定に気をとられている会計係とカジノの支配人の前に飛びおりた覆面のフランシスの手にマシンガンがあった。彼は会計係から、鍵を奪ってシャルルを表から入れた。札束を鞄に詰めると、シャルルとフランシスは、ルイの運転するロールス・ロイスを飛ばした。金は借りた脱衣所にかくした。警察が乗り出したころ、シャルルとフランシスは何食わぬ顔で別なホテルに納まっていた。完全犯罪は成功したのだ。しかし朝食をとりながら、眺めていた新聞のある記事と写真が一瞬シャルルの眼を釘づけにした。無表情な彼の顔に、かすかな動揺が起った。



スタッフ :
監督 : アンリ・ヴェルヌイユ
原作 : ジョン・トリニャン
脚本 : アルベール・シモナン、ミシェル・オーディアール、アンリ・ヴェルヌイユ
撮影 : ルイ・パージュ
音楽 : ミシェル・マーニュ

キャスト :
シャルル : ジャン・ギャバン
フランシス・ヴェルロット : アラン・ドロン
ジネット : ヴィヴィアーヌ・ロマンス
ロイス・ノーダン : モーリス・ビロー
バーマン : ジャン・カルメ
ブリジット : カルラ・マルリエ
警察のコミッショナー : クロード・セバール
[ 2018/10/16 15:00 ] サスペンス | TB(-) | CM(-)
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ