蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

シャム猫FBI ニャンタッチャブル

(ディズニー実写)

『 シャム猫FBI/ニャンタッチャブル 』
原題 : That Darn Cat!
製作 : 1965年
製作国 : アメリカ

ザ・ゴードンズの『秘密の猫』の原作をディズニーが映画化。
本名をダーン・キャット、愛称をDCというシャム猫は、ランドール家の誇り高き猫で、とくに妹娘のパティ(ヘイリー・ミルズ)にかわいがられていた。ある日、このDCが若い男の買い込んだ魚につられて、その男のアパートにまぎれこんでしまった。ところがそこは2人組銀行強盗の隠れ家で、銀行の出納係のミラーが、人質として連れ込まれていた。ミラーは突然迷い込んだシャム猫を見て、強盗たちの隙をうかがい、自分の腕時計の裏に「助けて」と刻みこみ、外へ出してやった。さてDCの首の腕時計を発見したパティは、すぐそれが今重大ニュースで流されている銀行強盗事件に関係ありと感づき、早速FBIへ飛んで行った。そして若くてハンサムな青年ジーク・ケルソー(ディーン・ジョーンズ)が捜査に当たることになった。ジークはDCの首環に新型無線機をとりつけ、その発信電波を追跡するという科学的戦法をとった。だが、DCは気まぐれに夜遊びして歩くだけで一向に目的とする強盗の隠れ家へ行かず捜査は少しも進展しなかった。しびれをきらしたFBIは、遂に捜査中止を決定した。こんなことではあきらめないパティは、お人好しの時計屋をくどきおとし、DCがつけていた婦人腕時計は確かに誘拐されたミラーのものだという偽の電話をFBIにかけさせることに成功した。この電話情報にジークは俄然自信をとりもどし、再び事件の捜査を開始した。そしてジークはやっと銀行強盗の隠れ家を発見したが、彼に協力したパティもろとも捕虜にされてしまった。ところが突如、牙をむき出し爪をたてたDCが強盗たちに襲いかかった。ジークはその隙をついて、強盗たちに飛びかかり見事ねじふせてしまった。





スタッフ :
監督 : ロバート・スティーヴンソン
脚色 : ザ・ゴードンズ、ビル・ウォルシュ
原作 : ザ・ゴードンズ
製作 : ウォルト・ディズニー
共同製作 : ビル・ウォルシュ、ロン・ミラー
撮影 : エドワード・コールマン
音楽 : ボブ・ブラナー

キャスト :
パティ・ランドール : ヘイリー・ミルズ
ジーク・ケルソー : ディーン・ジョーンズ
イングリッド・ランドール : ドロシー・プロヴァイン
グレゴリー・ベンソン : ロディ・マクドウォール
ダン : ネヴィル・ブランド
マクドゥーガル夫人 : エルザ・ランチェスター
マクドゥーガル氏 : ウィリアム・デマレスト
イギー : フランク・ゴーシン
ニュートン管理官 : リチャード・イースタム
マーガレット・ミラー : グレイソン・ホール
カヌー・ヘンダーソン : トム・ローウェル
ホフステッダー氏 : エド・ウィン
[ 2018/11/23 15:00 ] ディズニー実写 | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ