蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

続・猿の惑星

(アクション/SF)

『 続・猿の惑星 』
原題 : Beneath the Planet of the Apes
製作 : 1970年
製作国 : アメリカ

1968年「猿の惑星」の続編。
猿の惑星でみつけたノバ(リンダ・ハリソン)と、猿の町から逃げ出したアメリカの宇宙飛行士テイラー(チャールトン・ヘストン)は、禁断地帯で自由の女神像を発見し、その惑星が実は原爆戦で滅亡した地球であったことを知って愕然とした。その後、なおも禁断地帯を進んで行った2人は、やがて不可思議な天変地異の現象に会い、テイラーの姿は突然消えてしまった。1人になったノバは、たった1人の理解者である猿の町のジーラ博士(キム・ハンター)とその夫コーネリアス(デイヴィッド・ワトソン)のもとに向かう途中、テイラーたちの救出にやってきた宇宙飛行士の生き残りブレント(ジェームズ・フランシスカス)に出会った。ノバは口をきけなかったが、テイラーの認識票を首にかけていたので、ブレントは彼が生きていることを知った。ノバの案内で初めて猿の世界を目撃したブレントの驚きは、テイラーの場合と同じであった。折りから猿の惑星では、科学大医ザイウス博士(ジェームズ・グレゴリー)たちの反対を押して、アーサス将軍(モーリス・エヴァンス)が、禁断地帯に生息していると思われる敵の征服を主張していた。ブレントはやがて、ノバの案内でジーラとコーネリアスの家をたずね、必要なほどこしをうけて外へ出たが、猿の兵隊に2人とも捕らえられてしまった。その後、再びジーラたちに救われた2人は、猿の兵隊に追われ禁断地帯に逃げ込んだ。そして、はからずもブレントとノバはそこで原爆戦で埋没したニューヨークの街を発見した。なおも奥に進んでいった2人は、放射能作用の突然変異で生まれた地下人間たちに会った。メンデス(ポール・リチャーズ)を支配者とする、デブ男(ヴィクター・ブオノ)、アルビナ(ナタリー・トランディ)など、これら人間の子孫たちは、テレパシーで相手の意志を自由に動かし、眩惑する力をもっていた。また、彼らは最終爆弾であるコバルト爆弾を祭壇に安置していた。ブレントとノバは、テレパシー能力で眩惑され、彼らのとりこになってしまったが、その牢獄でテイラーに出会った。その時、アーサス将軍の率いる猿の兵隊たちが、地下人間たちを襲ってきた。これに対して、地下人間はテレパシーで応酬したが、武力にまさる猿たちの敵ではなかった。勝ち誇る猿はどっと地下へ乱入し、祭壇に近づいた。一方、この争いの最中ノバを殺されたテイラーは、悲しみの中で最後の決意をした。彼はブレントとともに死を賭して、最終爆弾のスイッチを押した。地球はついに最後の日をむかえた。



スタッフ :
監督 : テッド・ポスト
脚色 : ポール・デーン
原作 : ポール・デーン、モート・エイブラハムズ
製作 : アーサー・P・ジェイコブス
撮影 : ミルトン・クラスナー
音楽 : レナード・ローゼンマン
衣装 : モートン・ハーク
特殊メイク : ジョン・チェンバース

キャスト :
ジョージ・テイラー大佐 : チャールトン・ヘストン
ジョン・ブレント : ジェームズ・フランシスカス
ジーラ博士 : キム・ハンター
ザイアス博士 : モーリス・エバンス
ノバ : リンダ・ハリソン
メンデス : ポール・リチャーズ
アディポソ : ビクター・ブオーノ
ウルサス将軍 : ジェームズ・グレゴリー
キャスペイ : ジェフ・コーリイ
アルビナ : ナタリー・トランディ
聖職者 : トマス・ゴメス
コーネリアス : デイヴィッド・ワトソン
オンガロ : ドン・ペドロ・コリー
ドノバン・マドックス大佐 : トッド・アンドリューズ
ヴェルジェ : グレゴリー・シエラ
ナレーター : ポール・フリーズ
[ 2019/01/10 15:00 ] SF | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ