蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

ジェニファー・ジョーンズ

(キャスト/女優)

『 ジェニファー・ジョーンズ 』 Jennifer Jones

生年月日 : 1919年03月02日
没年月日 : 2009年12月17日( 90 歳没)
出生地 : オクラホマ州 タルサ
死没地 : カリフォルニア州 マリブ
国籍 : アメリカ合衆国
職業 : 女優
活動期間 : 1939年~1974年
受賞 :
アカデミー賞
主演女優賞
1943年『聖処女』
ゴールデングローブ賞
主演女優賞
1943年『聖処女』
主な作品 :
『聖処女』
『慕情』
『タワーリング・インフェルノ』

ジェニファー・ジョーンズ

1940年代前半に映画プロデューサーのデヴィッド・O・セルズニックのスクリーンテストのためにハリウッドに移ったときに名前をジェニファー・ジョーンズに改名。舞台のオーディションのためにのオフィスに行き、セルズニックに認められて彼の元で契約を交わすことになった。その後、1943年『聖処女』に主演、アカデミー主演女優賞を受賞した。1944年には最初の夫と離婚(離婚成立は1945年)、1949年にセルズニックと再婚し、彼の元で様々なジャンルの映画に出演、アカデミー賞に4度ノミネートされるなど高い評価を得た。1955年(昭和30年)1月30日、『慕情』の香港ロケへ向かう途中に共演のウィリアム・ホールデンと来日を果たしている。1965年のセルズニックの死後はほとんど引退状態であったが、1974年の『タワーリング・インフェルノ』に顔を出している。『タワーリング・インフェルノ』以降は俳優活動を行うことが完全に無くなり、メディアへの露出も幾つかのドキュメンタリー番組に顔を出す程度であったが、1998年の第70回アカデミー賞授賞式と2003年の第75回アカデミー賞授賞式に登場し、健在ぶりをアピールする事もあった。2009年12月17日、カリフォルニア州マリブの自宅にて死去。90歳没。死因は老衰。ロバート・ウォーカーとの間にもうけた2人の息子ロバート・ウォーカー・ジュニア(1940年 - )とマイケル・ウォーカー(1941年 - 2007年)も俳優になり、ロバートは映画『イージー・ライダー』やドラマ『ジェシカおばさんの事件簿』、『L.A.ロー 七人の弁護士』などに出演している。

主な出演作品 :
1943年 聖処女 : The Song of Bernadette
1944年 君去りし後 : Since You Went Away
1945年 ラヴレター : Love Letters
1946年 小間使 : Cluny Brown
1946年 白昼の決闘 : Duel in the Sun
1948年 ジェニイの肖像 : Portrait of Jennie
1949年 ストレンジャーズ6 : We Were Strangers
1949年 ボヴァリー夫人 : Madame Bovary
1950年 女狐 : Gone to Earth
1952年 黄昏 : Carrie
1952年 ルビイ : Ruby Gentry
1953年 終着駅 : Stazione Termini
1953年 悪魔をやっつけろ : Beat the Devil
1955年 慕情 : Love Is a Many-Splendored Thing
1955年 美わしき思い出 : Good Morning, Miss Dove
1956年 灰色の服を着た男 : The Man in the Gray Flannel Suit
1957年 武器よさらば : A Farewell to Arms
1966年 留学体験 霧の中でさようなら : The Idol
1969年 ザ・ダムド/あばかれた虚栄 : Angel, Angel, Down We Go
1974年 タワーリング・インフェルノ : The Towering Inferno
[ 2019/03/05 15:00 ] 女優 | TB(-) | CM(-)
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ