蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

黄昏

(ドラマ/ヒューマン)

『 黄昏 』
原題 : On Golden Pond
製作 : 1981年
製作国 : アメリカ

ニューイングランドの静かな湖畔を舞台に老夫婦と娘をめぐるひと夏の触れ合いを描く。
初夏のニューイングランド地方。「ゴールデン・ポンド」と呼ばれる湖のほとりに、サイヤー一家の別荘があった。引退した大学教授ノーマン(ヘンリー・フォンダ)と妻エセル(キャサリン・へッブバーン)が、今年も夏をこの別荘で過ごそうとやってきた。もうすぐ80歳をむかえるノーマンは心臓が悪く、物忘れもひどくなっており、死への恐怖は増すばかりであったが、エセルはおだやかな愛情をもってノーマンを支えていた。ある日、彼らの1人娘チェルシー(ジェーン・フォンダ)から手紙が届く。ノーマンの誕生日を祝いにこの別荘に来るという知らせだった。チェルシーは離婚経験がある。13歳になるビリー(ダブ・マッケオン)という息子がいるボーイフレンドの歯医者ビル(ダブニー・コールマン)を伴ってやってきたチェルシーは、エセルには心から接すことができるが、父ノーマンとは相変わらずかみ合わない。さらに悪いことには、ノーマンはビルにまで皮肉を言い、激しい感情のぶつかり合いを展開する。やがて、チェルシーがビリーをおいてビルと共にヨーロッパへと旅立った。1人残されたビリーは、しかし、だんだんとノーマンになついていき、2人はウォルターと呼ばれる魚を探しに岩だらけの入江へと釣りに出かけた。夕暮れになっても戻らない2人を心配するエセル。彼女の心配をよそに、2人はその後も釣りに熱中し入江を訪れた。一方、ブリュッセルでビルとの結婚式を済ませて帰ってきたチェルシーは、エセルにノーマンの気持ちがわからないと告げ、逆に「あなたは彼の愛情深い人柄をまだわからないの」と責められる。ウォルターを釣って意気揚々と帰ってきたノーマンに、チェルシーは初めて素直な気持ちで口を開いた。「普通の父と娘のような関係になりたい。パパと仲良くなりたい」と。



スタッフ :
監督 : マーク・ライデル
原作 : アーネスト・トンプソン
製作 : ブルース・ギルバート
撮影 : ビリー・ウィリアムズ
音楽 : デーヴ・グルーシン
編集 : ロバート・L・ウォルフ
衣装 : ドロシー・ジーキンズ

キャスト :
エセル・セアー : キャサリン・ヘプバーン (アカデミー主演女優賞受賞)
ノーマン・セアー・ジュニア : ヘンリー・フォンダ (アカデミー主演男優賞受賞)
チェルシー・セアー・ウェイン : ジェーン・フォンダ
ビリー・レイ : ダグ・マッケオン
ビル・レイ : ダブニー・コールマン
チャーリー・マーティン : ウィリアム・ラントゥ
サムナー・トッド : クリストファー・ライデル
[ 2019/04/16 15:00 ] ヒューマン | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ