蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

ロケッティア

(ディズニー実写)

『 ロケッティア 』
原題 : Rocketeer
製作 : 1991年
製作国 : アメリカ

飛ぶことのできるロケット噴射装置を手に入れた青年が、ナチのスパイと戦うアクション。
第二次大戦前夜の1938年。飛行機が好きなクリフは、FBIとギャングの追いかけっこに巻き込まれて、親友の天才技師ピーヴィー設計の愛機を壊される。しかし、ギャングの隠したロケット・パックを発見。この装置を付けて人助けをしたクリフは、正体不明のヒーロー“ロケッティア”として一躍有名になる。その頃クリフと喧嘩中の恋人ジェニーは、憧れの二枚目ネヴィル主演映画のに端役で出演していたが、ネヴィルは突然彼女に接近を始める。ロケットはハワード・ヒューズの発明ものであり、ネヴィルはナチのスパイでそれを兵器として使うべく狙っていた。ネヴィルの部下や彼の雇ったギャング、FBIが入り乱れての乱闘の末、クリフはナチの飛行船に拉致されたジェニーを救い出し、ネヴィルの陰謀を阻止するのだった。



スタッフ :
監督 : ジョー・ジョンストン
製作 : チャールズ・ゴードン、ローレンス・ゴードン、ロイド・レヴィン
製作総指揮 : ラリー・J・フランコ
脚本 : デイブ・スティーブンス(原作)、ダニー・ビルソン、ポール・デ・メオ
撮影 : ヒロ・ナリタ
音楽 : ジェームズ・ホーナー
編集 : ピーター・ロンズデール、アーサー・シュミット
VFX : ILM

キャスト :
クリフ・シーコード : ビル・キャンベル
ジェニー・ブレイク : ジェニファー・コネリー
ピーヴィー : アラン・アーキン
ネヴィル・シンクレア : ティモシー・ダルトン
エディー・ヴァレンタイン : ポール・ソルヴィノ
ハワード・ヒューズ : テリー・オクィン
フィッチ捜査官 : エド・ローター
ウーリー捜査官 : ジェームズ・ハンディ
ロサー : タイニー・ロン
[ 2019/11/10 15:00 ] ディズニー実写 | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ