蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

ジェームズ・ディーン

(キャスト/男優)

『 ジェームズ・ディーン 』 James Dean

生年月日 : 1931年02月08日
没年月日 : 1955年09月30日( 24 歳没)
出生地 : インディアナ州マリオン
死没地 : カリフォルニア州コレーム
国籍 : アメリカ合衆国
職業 : 俳優
活動期間 : 1951年~1955年
主な作品 :
『エデンの東』
『理由なき反抗』
『ジャイアンツ』

ジェームズ・ディーン

高校時代から演劇に興味をもち、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の演劇科で学んだ。舞台やコマーシャルなどに出ていたが、更に俳優としてのキャリアを追い求めるために中退、ニューヨークに移った。そこで1950年代の『Kraft Television Theater』、 『Danger』や『General Electric Theater』のようなテレビ番組の何編かに出演した。この頃よりジェームズはアンドレ・ジッドの『背徳者』に心酔して、ハリウッドへ行き、映画スターとなることを夢見るようになる。
『底抜け艦隊』等の映画の端役をいくつかこなした後、1955年に『エデンの東』のキャル・トラスク役で初めて主役を演じて、認められた。彼はこの役でアカデミー賞の最優秀主演男優賞にノミネートされた。この後、続けざまにその年の『理由なき反抗』で主役を、『ジャイアンツ』で準主役を演じ、またもやアカデミー賞にノミネートされることになる。
ジェームズは、特に『理由なき反抗』の演技で1950年代の若者の鬱屈や反抗を端的に表現した。このため、同時代の多くの若者は彼をモデルにし、そしてその死は多くの同世代の人々に暗い影を落とした。芸歴はたったの4年間、主演俳優になって半年足らずという短いキャリアと突然の死、公開葬儀がジェームズを時代を超えた青春の象徴とした。現在でも、多大な影響力とずば抜けた演技力で、ハリウッドを代表する俳優である。

主な出演作品 :
1955年 エデンの東 : East of Eden
1955年 理由なき反抗 : Rebel Without a Cause
1956年 ジャイアンツ : Giant
[ 2019/11/16 15:00 ] 男優 | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ