蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

シンドラーのリスト

(ドラマ/ヒューマン)

『 シンドラーのリスト 』
原題 : Schindler's List
製作 : 1993年
製作国 : アメリカ
アカデミー作品賞受賞

第二次大戦下、1200人のユダヤ人をナチスの虐殺から救った実在のドイツ人実業家の姿を、ドキュメンタリー・タッチで描いた作品。
39年、ポーランド南部の都市クラクフにドイツ軍が侵攻した。ドイツ人実業家のオスカー・シンドラー(リーアム・ニーソン)は、一旗揚げようとこの街にやって来た。彼は金にものを言わせて巧みに軍の幹部たちに取り入り、ユダヤ人の所有していた工場を払い下げてもらう。ユダヤ人会計士のイツァーク・シュテルン(ベン・キングズレイ)をパートナーに選んだシンドラーは、軍用ホーロー容器の事業を始める。41年3月、ユダヤ人たちは壁に囲まれたゲットー(居住区)に住むことを義務づけられる。シュテルンの活躍で、ゲットーのユダヤ人たちが無償の労働力として、シンドラーの工場に続々と集められた。事業はたちまち軌道に乗り、シンドラーはシュテルンに心から感謝したが、彼の差し出すグラスにシュテルンは決して口をつけようとしなかった。シンドラーはドイツ人の愛人イングリートをはじめ、女性関係は盛んな男だった。別居中の妻エミーリェ(キャロライン・グッドール)は、そんな奔放な夫の生活を目撃し、彼の元を去った。43年2月、ゲットーが解体され、ユダヤ人たちはプワシュフ収容所に送られることになった。ゲットーが閉鎖される当日、イングリートを連れて馬を走らせていたシンドラーは、小高い丘からその様子を目撃した。親衛隊員たちは住民を家畜のように追い立て、抵抗する者、隠れようとする者、病人など、罪もない人々を次々に虐殺していった。その悲惨な光景の中、シンドラーの目に赤いコートを着た少女が隠れるところが映る。(このコートの赤はパート・カラーで示される)収容所に着任したアーモン・ゲート少尉(レイフ・ファインズ)は所内を見下ろす邸宅で、酒と女に溺れる生活を送る一方、何の感動もなく無造作に囚人たちを射殺していた。シンドラーは地獄図に耐えかねて、生産効率の向上という名目でユダヤ人労働者を譲り受け、私設収容所を作ることを許可してもらう。シンドラーは、ゲートのメイドとして働くヘレン(エンベス・デイヴィッツ)にも希望を与える。44年、敗色濃いドイツ軍は、ユダヤ人をアウシュヴィッツをはじめとする死のキャンプに送り込みはじめた。シンドラーはチェコに工場を移すという理由で、ユダヤ人労働者を要求する。急ぎリストアップされたのは1200人。途中、女性囚人がアウシュヴィッツへ移送されたが、シンドラーは役人にワイロを渡し、彼女たちを救い出す。彼の工場は武器弾薬の製造にも、徹底して不良品を作ることで抵抗する。やがて45年、ドイツ無条件降伏。ユダヤ人は開放された。ユダヤ人たちの感謝の念と涙に見送られながら、″戦犯″であるシンドラーは彼らに別れを告げた。



スタッフ :
監督 : スティーヴン・スピルバーグ (アカデミー監督賞受賞)
脚本 : スティーヴン・ゼイリアン
原作 : トーマス・ケネアリー
製作総指揮 : キャスリーン・ケネディ
製作 : スティーヴン・スピルバーグ、ジェラルド・R・モーレン、ブランコ・ラスティグ
撮影 : ヤヌス・カミンスキー
美術 : アラン・スタルスキ
音楽 : ジョン・ウィリアムス
編集 : マイケル・カーン

キャスト :
オスカー・シンドラー : リーアム・ニーソン
イザック・シュターン : ベン・キングズレー
アーモン・ゲート : レイフ・ファインズ
エミリエ・シンドラー : キャロライン・グッドール
ポルデク・ペファーベルグ : ジョナサン・セガール
ヘレン・ヒルシュ : エンベス・デイヴィッツ
マルセル・ゴルトベルク : マーク・イヴァニール
ユリアン・シェルナー : アンジェイ・セヴェリン
ミラ・ペファーベルグ : アディ・ニトゥザン
カジャ・ドレスナー : ミリー・ファビアン
ダンカ・ドレスナー : アンナ・ミュシャ
メナーシャ・レヴァルトー : エズラ・ダガン
[ 2020/01/05 15:00 ] ヒューマン | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ