蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

フリー・ウィリー

(ドラマ/アニマル)

『 フリー・ウィリー 』
原題 : Free Willy: How Far Would You Go for a Friend
製作 : 1993年
製作国 : アメリカ

家族からむりやり引き離されたシャチと、母親に捨てられた少年。互いに孤独な境遇の両者が友情を深め、成長していく姿を美しい自然描写の中に描いた感動編。
孤児院から脱走してストリートキッズとなったジェシー(ジェーソン・ジェームズ・リクター)はある日、警察に追われて海岸沿いのさびれた水族館に逃げ込む。彼はそこで、水槽の中で泳ぐシャチのウィリーと出会う。警察に捕まり孤児院に連れ戻されたジェシーの身柄は里親のグレン(マイケル・マドセン)とアニー(ジェーン・アトキンソン)夫妻の元へ送られた。夫妻はなんとかジェシーの気を引こうとするが、6年前に彼を捨てた母親がきっと迎えに来ると信じるジェシーは決して心を開かなかった。罰則として水族館のペンキ落としの作業を命じられたジェシーはウィリーと再会する。誰にもなつかないウィリーは、ジェシーの吹くハーモニカだけに優しい表情を見せた。やがてジェシーとの信頼と友情を深めたウィリーは、彼の指導の下、ダイビングや跳躍をはじめ、さまざまな芸を身に付けていく。水族館のオーナーのダイアル(マイケル・アイアンサイド)と支配人のウェイド(リチャード・リール)は金もうけになると考えて、彼らのショーを開く。だが、大観衆の前で神経質になったウィリーは、ジェシーの笛の音にも反応しなかった。その夜、ジェシーはダイアルたちが巨額の保険金を手に入れるため、ウィリーを殺そうとする所に出くわす。ジェシーは機転を利かせてウィリーを助け、大海原に返してやるのだった。



スタッフ :
監督 : サイモン・ウィンサー
脚本 : キース・ウォーカー、コーリー・ブレックマン
原案 : キース・ウォーカー
製作総指揮 : リチャード・ドナー、アーノン・ミルチャン
製作 : ジェニー・ルー・トゥジェンド、ローレン・シュラー・ドナー
撮影 : ロビー・グリーンバーグ
音楽 : バジル・ポールデュリス
編集 : O・ニコラス・ブラウン
衣装 : エイプリル・フェリー

キャスト :
ジェシー : ジェイソン・ジェームズ・リクター
レイ : ロリ・ペティ
グレン : マイケル・マドセン
アニー : ジェイン・アトキンソン
ダイアル : マイケル・アイアンサイド
ランドルフ : オーガスト・シェレンバーグ
ドワイト : ミケルティ・ウィリアムソン
ウェイド : リチャード・リール
ペリー : マイケル・バコール
グウェニー : ダニエル・ハリス
ベクター : イザイア・マローン
ブロディ : トム・ラスウェル
魚屋 : ジャスティン・R・ホール
[ 2020/01/09 15:00 ] アニマル | TB(-) | CM(-)
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ