蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

サムソンとデリラ

(アクション/史劇)

『 サムソンとデリラ 』
原題 : Samson and Delilah
製作 : 1949年
製作国 : アメリカ

著名な伝説「サムソンとデリラ」の恋物語。
怪力無双のダン族のサムソン(ヴィクター・マチュア)は、ペリシテ人の娘セマダール(アンジェラ・ランズベリー)に求婚する。サムソンの男らしさに横恋慕したセマダールの姉デリラ(ヘディ・ラマー)は、2人の仲を邪魔し、結婚式の席上サムソンを侮辱したため、彼は暴れだし、混乱の中でセマダールと父は死ぬ。デリラは太守の寵妃となって太守をそそのかし、サムソンを捕らえるが彼は大暴れして逃げる。デリラはさらにサムソンに毒酒をのませ、怪力のもとである髪の毛を切ってしまう。力を失ったサムソンは囚われ、目をくりぬかれてしまう。



スタッフ :
監督 : セシル・B・デミル
脚色 : ジェシー・L・ラスキー・ジュニア、フレドリック・M・フランク
原作 : ハロルド・ラム
製作 : セシル・B・デミル
撮影 : ジョージ・バーンズ
撮影効果 : ゴードン・ジェニングス
美術 : ハンス・ドライヤー、ウォルター・タイラー
セット : サム・コマー、レイ・モイヤー
音楽 : ヴィクター・ヤング
録音 : ハリー・リンドグレン、ジョン・コープ
編集 : アン・ボーチェンズ

キャスト :
デリラ : ヘディ・ラマール
サムソン : ヴィクター・マチュア
セマダール : アンジェラ・ランズベリー
ガザのサラン : ジョージ・サンダース
傷ついた使者 : ジョージ・リーヴス
チューバル : ウィリアム・ファーナム
アーター : ヘンリー・ウィルコクソン
ミリアム : オリーヴ・デアリング
ハゼレポニット : フェイ・ホールデン
ハイシャム : ジュリア・フェイ
サウロ : ラッセル・タンブリン
[ 2018/01/03 15:00 ] 史劇 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ