蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

ドクター・ドリトル

(ドラマ/コメディ)

『 ドクター・ドリトル 』
原題 : Dr.Dolittle
製作 : 1998年
製作国 : アメリカ

ヒュー・ロフティング原作の児童文学作品『ドリトル先生』の映画化。動物の言葉が分かる医者とユニークな動物たちが繰り広げるコメディ。
ジョン・ドリトルは少年時代、動物と話ができる不思議な能力を持っていた。だが、父親のアーチャー(オシー・デイヴィス)は異常だと心配し、悪魔払いまで呼んだうえ、ジョンから動物を遠ざけた。以来、彼は動物と話すことをやめていた。成人したジョン(エディ・マーフィ)は成功した医者で、美しい妻リサ(クリスティ・ウィルソン)、二人の娘マヤ(カイラ・プラット)、シャーリース(レーベン=シモーネ)と幸せに暮らしている。マヤは幼い時のジョンと同じで動物好きの内気な子供だが、ジョンは「友達を作れ」と冷たかった。ある日、ふとしたことで、ジョンに昔の能力が蘇る。再び動物たちの声が聞こえるようになったのだ。噂はたちまち動物界に広まり、ジョンの家にはアヒルやヤギ、馬などが診察を求めにやってくる。ついには自殺願望のサーカスのトラを説得するハメになる。だが、動物と話をするジョンを見て、同僚たちは彼を精神病院に送る。一時は動物と話すことをやめて社会復帰したジョンだが、病気で危機に瀕しているトラを見かね、病院に連れ込む。病院の買収話を進める現実主義の同僚はジョンを阻止しようとするが、動物たちがジョンを応援。リサはジョンの言葉を疑うが、「本当に話せたのだ、自分が間違っていた」とアーチャーに諭される。難しい脳の手術に成功し、トラを救ったジョンに、人々は拍手を送る。娘のマヤとも和解し、医者としての生きがいも取り戻すのだった。



スタッフ :
監督 : ベティ・トーマス
製作 : ジョン・デイヴィス、ジョセフ・M・シンガー、デヴィッド・T・フレンドリー
脚本 : ナット・モールディン、ラリー・レビン
原作 : ヒュー・ロフティング『ドリトル先生』
製作総指揮 : スー・バーデン・パウエル、ジェンノ・トッピング
撮影 : ラッセル・ボイド、A.C.S.
プロダクション・デザイン : ウィリアム・エリオット
編集 : ピーター・テッシュナー
視覚効果スーパーバイザー : ジョン・ファーハット
音楽 : リチャード・ギブス
衣装 : シャレン・デイビス
アニマトロニック・クリーチャー : ジム・ヘンソンのクリーチャー・ショップ
動物トレーナー主任 : マーク・フォーブス

キャスト :
Dr.ジョン・ドリトル : エディ・マーフィ
アーチャー・ドリトル : オジー・デイヴィス
キャロウェイ : ピーター・ボイル
Dr.マーク・ウェラー : オリヴァー・プラット
Dr.ジーン・レイス : リチャード・シフ
Dr.フィッシュ : ジェフリー・タンバー
ブレイン : ポール・ジアマッティ
動物の声 :
犬のラッキー : ノーム・マクドナルド
虎のジェイク : アルバート・ブルックス
モルモットのロドニー : クリス・ロック
鼠 : レニ・サントーニ
鼠 : ジョン・レグイザモ
雄鳩 : ギャリー・シャンドリング
雌鳩 : ジュリー・カブナー
年老いたビーグル犬 : ブライアン・ドイル=マーレイ
酔っ払った猿 : フィル・プロクター
梟 : ジェナ・エルフマン
[ 2020/05/26 15:00 ] コメディ | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ