蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

プラクティカル・マジック

(ドラマ/ラブ・コメディ)

『 プラクティカル・マジック 』
原題 : Practical Magic
製作 : 1998年
製作国 : アメリカ

生き方の対照的な“魔女”の姉妹の恋を描いた、ファンタスティックなラブ・コメディ。
オーウェンズ家の人々は、両親を亡くしたサリー(サンドラ・ブロック)とジリアン(ニコール・キッドマン)の姉妹、叔母のジェット(ダイアン・ウィースト)とフランシス(ストッカード・チャニング)の4人暮らし。一族は魔女の血を引き、ちょっとした魔法を使える能力が受け継がれていた。その代償なのか、彼女たちと恋に落ちた男性は必ず若死にしてしまう。姉妹の父親もそうで、残された母は悲しみのあまり死んだ。そしてサリー自身が愛し、結婚した男性も早死にしたのだった。堅実で慎重派の姉サリーは「もう恋なんてしない、魔法も使わない」と心に誓い、理想の男性像をノートに綴っていた。パンケーキを裏返せる人、片方がグリーン、片方がブルーの目を持つ人……それは絶対に存在しないかわり、自分も傷つかない、幻の男性像だった。一方、セクシーな女性に成長した妹のジリアンは、恋人のジミー(ゴーラン・ビスンジック)と共に家を飛び出す。離れて暮らしながらも、ふたりはこの世で唯一完壁に分かり合える存在として、互いを大切に思っていた。やがてサリーの元にジリアンからSOSの電話が。熱烈に愛していたはずのジミーに誘拐され、暴力をふるわれているというのだ。妹を助けるために駆けつけたサリーは、決して誓わないと誓った魔法を使ってしまう。一方、事件を追って刑事のゲーリー(エイダン・クイン)が調査にやって来た。なんと、彼はサリーの理想の男性そのものだった。恋に臆病なサリーの頑な心を解きほぐしてくれるゲーリーに、彼女は今こそ全てを忘れて、彼の胸に飛び込む。それは本当の魔法だった。



スタッフ :
監督 : グリフィン・ダン
脚本 : ロビン・スウィコード、アキヴァ・ゴールズマン、アダム・ブルックス
原作 : アリス・ホフマン
製作総指揮 : メリー・マクラグレン、ブルース・バーマン
製作 : デニースディ・ノヴィ
撮影 : アンドルー・ダン
美術 : ロビン・スタンデファー
音楽 : アラン・シルヴェストリ
音楽監修 : ダニー・ブラムソン
編集 : エリザベス・クリング
衣装 : ジュディアナ・マコフスキー

キャスト :
サリー・オーウェンズ : サンドラ・ブロック
ジリアン・オーウェンズ : ニコール・キッドマン
フランシス・オーウェンズ : ストッカード・チャニング
ジェット・オーウェンズ : ダイアン・ウィースト
ゲーリー・ハレット : エイダン・クイン
ジミー・アンジェロフ : ゴラン・ヴィシュニック
カイリー・オーウェンズ : エヴァン・レイチェル・ウッド
アントニア・オーウェンズ : アレクサンドラ・アトリップ
マイケル : マーク・フォイアスタイン
[ 2020/05/28 15:00 ] ラブ・コメディ | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ