蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

グラディエーター

(ドリームワークス/実写)

『 グラディエーター 』
原題 : Gladiator
製作 : 2000年
製作国 : アメリカ
アカデミー作品賞受賞

帝政ローマ時代中期を舞台とする歴史映画。
西暦180年。ローマ帝国の治世。歴戦の勇士として名声を馳せる将軍マキシマス(ラッセル・クロウ)は、遠征先のゲルマニアの地で、時の皇帝マルクス・アウレリウス(リチャード・ハリス)から次期皇帝の座を託したいと要請を受ける。だが、これを知った野心家の皇帝の息子コモドゥス(ホアキン・フェニックス)は、老父をひそかに殺して自ら後継者を宣言、マキシマスは処刑を命じられた。処刑者の手を逃れたマキシマスだが、故郷に帰り着くと愛する妻と息子は惨殺されていた。絶望と極度の疲労の末に倒れた彼は、気づけば奴隷商人に捕らわれの身に。剣闘士を養成する奴隷商人プロキシモ(オリヴァー・リード)に買われたマキシマスだが、持ち前の技量で一躍剣闘士として頭角を現す。いっぽう、皇帝となったコモドゥスは元老院の反対を無視し、首都ローマの巨大コロシアムで剣闘試合を開催。プロキシモに連れられ、図らずもローマへ帰還したマキシマスは、死闘の果てに勝利をおさめ、仇敵たる皇帝コモドゥスと対面を果たす。その夜、かつて恋仲だったコモドゥスの姉の王女ルッシラ(コニー・ニールセン)の訪問を受けるマキシマス。コモドゥスはルッシラの息子ルシアスを亡き者にしようとしており、彼女はそれを阻止するため、彼に協力を求めたのだ。姉の裏切りを察知したコモドゥスは策を弄した末、コロシアムでマキシマスと直接対決。かくしてマキシマスはコモドゥスを倒し、自らも果てるのであった。



スタッフ :
監督 : リドリー・スコット
脚本 : デヴィッド・フランゾーニ、ジョン・ローガン、ウィリアム・ニコルソン
原案 : デヴィッド・フランゾーニ
製作 : デヴィッド・H・フランゾーニ、ブランコ・ラスティグ、ダグラス・ウィック
製作総指揮 : ローリー・マクドナルド、ウォルター・F・パークス
音楽 : ハンス・ジマー、リサ・ジェラルド
撮影 : ジョン・マシソン
編集 : ピエトロ・スカリア
製作会社 : ドリームワークス

キャスト :
マキシマス : ラッセル・クロウ (アカデミー主演男優賞受賞)
コンモドゥス : ホアキン・フェニックス
ルッシラ : コニー・ニールセン
プロキシモ : オリヴァー・リード
マルクス・アウレリウス : リチャード・ハリス
ジュバ : ジャイモン・フンスー
グラックス : デレク・ジャコビ
クィントゥス : トーマス・アラナ
ルキウス : スペンサー・トリート・クラーク
[ 2020/07/21 15:00 ] ドリームワークス実写 | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ