蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

あの頃ペニー・レインと

(ドリームワークス/実写)

『 あの頃ペニー・レインと 』
原題 : Almost Famous
製作 : 2000年
製作国 : アメリカ

音楽ライターをめざす純粋な少年の初恋と成長をみずみずしく描く。
1973年、大学教授の母(フランシス・マクドーマンド)と暮らす知的で陽気な15歳の少年ウィリアム(パトリック・フュジット)は、姉アニタ(ズーイー・デシャネル)が教えたロック音楽の魅力に取り憑かれ、学校新聞などにロック記事を書いていた。やがて、伝説のロック・ライターでクリーム誌の編集長、レスター・バングス(フィリップ・シーモア・ホフマン)に認められ、さらにローリングストーン誌からも声がかかり、ウィリアムが愛する新進バンド、スティルウォーターのツアーに同行取材をすることになる。そして、このバンドを追う少女たちの中にいた、一際美しいペニー・レイン(ケイト・ハドソン)に恋をするのだが、彼女はスティルウォーターのギタリスト、ラッセル(ビリー・クラダップ)と付き合っていた。それでもウィリアムの恋心は変わらず、ツアーの刺激的な毎日を楽しんでいた。しかしやがてペニー・レインは、NYでラッセルの本命の恋人が現われたため、睡眠薬で自殺を図る。ウィリアムの助けで彼女は一命を取り止めるが、それはお祭り騒ぎの終焉を意味していた。そして飛行機事故の危機をなんとか切り抜け、ウィリアムの旅は終わるのだった。



スタッフ :
監督 : キャメロン・クロウ
脚本 : キャメロン・クロウ
製作 : キャメロン・クロウ、イアン・ブライス
共同製作 : リサ・スチュワート
撮影 : ジョン・トール
美術 : クレイ・A・グリフィス、クレイトン・アール・ハートレイ
音楽 : ナンシー・ウィルソン
音楽監修 : ダニー・ブラムソン
編集 : サー・クライン
衣裳 : ベッツィ・ヘイマン

キャスト :
ウィリアム・ミラー : パトリック・フュジット
ペニー・レイン : ケイト・ハドソン
ラッセル・ハモンド(ロックスター) : ビリー・クラダップ
エレイン・ミラー(ウィリアムの母) : フランシス・マクドーマンド
ジェフ・ベイブ : ジェイソン・リー
ポレキシア・アフロディシア : アンナ・パキン
サファイア : フェアルザ・バルク
ディック・ロスウェル : ノア・テイラー
アニタ(ウィリアムの姉) : ズーイー・デシャネル
レスター・バングス : フィリップ・シーモア・ホフマン
ベン・フォン・トーレス : テリー・チェン
[ 2020/08/10 15:00 ] ドリームワークス実写 | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ