蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

A.I.

(ドリームワークス/実写)

『 A.I. 』
原題 : A.I. Artificial Intelligence
製作 : 2001年
製作国 : アメリカ

ロボットと人間が共存する近未来を舞台に、人工知能をもつロボットが繰り広げる大冒険を描く。スタンリー・キューブリック監督の未完成作品を、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化。
人間の日常生活が監視され、人間に代わってロボットが雑用や労働をこなしている時代。そんな中、愛という感情をインプットされた最初の少年型次世代ロボットとして誕生したデイヴィッド(ハーレイ・ジョエル・オスメント)は、彼を開発したサイバートロニクス・マニュファクチャリング社の従業員ヘンリー(サム・ロバーズ)とその妻モニカ(フランシス・オーコナー)に引き取られる。母親を永遠に愛し続けるようプログラムされていたデイヴィッドだったが、まもなく不治の病に冒されていた夫妻の実の息子マーティン(ジェイク・トーマス)が冷凍保存から生き返ったため、あっけなく捨てられてしまう。その時から、スーパートイのテディ(声=ジャック・エンジェル)やジゴロ・ロボットのジョー(ジュード・ロウ)を連れだったデイヴィッドの旅がはじまった。再び母に愛されることを目的に…。そして2000年後。地球は氷河期を迎え、従来の人類は絶滅していた。海底で眠っていたデイヴィッドは、進化した未来のロボットたちに発見さる。ロボット達はデヴィッドのためにモニカをクローン再生する。デイヴィッドは偽りの母に抱かれながらも幸福に浸るのだった。



スタッフ :
監督 : スティーヴン・スピルバーグ
脚本 : スティーヴン・スピルバーグ
原作 : ブライアン・オールディス
原作 : イーアン・ワトソン
製作総指揮 : ヤン・ハーラン、ウォルター・F・パークス
製作 : キャスリーン・ケネディ、スティーヴン・スピルバーグ、ボニー・カーティス
撮影 : ヤヌス・カミンスキー
美術 : リック・カーター
音楽 : ジョン・ウィリアムス
編集 : マイケル・カーン
衣裳 : ボブ・リングウッド

キャスト :
デイビッド : ハーレイ・ジョエル・オスメント
ジゴロ・ジョー : ジュード・ロウ
モニカ・スウィントン : フランセス・オコナー
ヘンリー・スウィントン : サム・ロバーズ
マーティン・スウィントン : ジェイク・トーマス
アレン・ホビー教授 : ウィリアム・ハート
ジョンソン=ジョンソン卿 : ブレンダン・グリーソン
テディの声 : ジャック・エンジェル
Dr.ノウの声 : ロビン・ウィリアムズ
スペシャリストの声 : ベン・キングスレー
ブルー・メカの声 : メリル・ストリープ
[ 2020/09/19 15:00 ] ドリームワークス実写 | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ