蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

シカゴ

(ディズニー/ミラマックス)

『 シカゴ 』
原題 : Chicago
製作 : 2002年
製作国 : アメリカ
アカデミー作品賞受賞

ブロードウェイの名作ミュージカル、トニー賞受賞作『シカゴ』を映画化。
1920年代、シカゴ。ヴォードヴィルのスターを夢見るロキシー・ハート(レニー・ゼルウィガー)は、人妻でありながら、自分をショーに売り込んでくれるというケイスリー(ドミニク・ウェスト)と浮気していたが、その言葉が嘘だったことを知り、彼を撃ち殺し逮捕されてしまう。一方、ロキシーの憧れの歌姫、ヴェルマ・ケリー(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)も殺人罪で逮捕されていた。しかしヴェルマは女看守長ママ・モートン(クイーン・ラティファ)を買収して敏腕弁護士ビリー・フリン(リチャード・ギア)を雇い、夫と姉に裏切られた被害者として自分を演出し、スターとしてのステイタスをさらに上げている。それを真似ようとしたロキシーは、お人好しの夫エイモス(ジョン・C・ライリー)を使ってビリーを雇う。かくしてロキシーはマスコミの同情を買い、シカゴ史上最もキュートな殺人犯として獄中から一世を風靡する。スターの座を得たロキシーはヴェルマを見下すが、社交界の花形令嬢キティー(ルーシー・リュー)が殺人事件を起こした途端、マスコミの関心はそっちに移った。ロキシーは巻き返しを図り、ビリーと共に無罪判決を勝ち取る賭けに出る。見事無罪になったのだが、しかしその途端、マスコミや世間は彼女から離れてしまった。あっという間に落ちぶれたロキシーに、やはりくすぶっていたヴェルマが、自分と組まないかと話を持ちかける。かくしてロキシーとヴェルマは、コンビとなり華やかな舞台で歌い踊るのだった。



挿入歌 : 「Nowadays」 by レネー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ


スタッフ :
監督 : ロブ・マーシャル、ロブ・マーシャル
脚本 : ビル・コンドン
原作 : モーリン・ダラス・ワトキンス
製作総指揮 : クレイグ・ザダン、ニール・メロン、ハーヴェイ・ワインスタイン
製作 : マーティン・リチャーズ
撮影 : ディオン・ビーブ
美術 : ジョン・マイヤー
音楽 : ダニー・エルフマン
音楽監修 : モーリーン・クロウ、ポール・ボガエフ
編集 : マーティン・ウォルシュ
衣裳 : コリーン・エイトウッド
作詞 : フレッド・エッブ
作曲 : ジョン・カンダー

キャスト :
ロキシー・ハート : レネー・ゼルウィガー
ヴェルマ・ケリー : キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
           (アカデミー助演女優賞受賞)

ビリー・フリン : リチャード・ギア
メイトロン・“ママ”・モートン : クイーン・ラティファ
エイモス・ハート : ジョン・C・ライリー
バンドリーダー : テイ・ディグス
キティー・バクスター : ルーシー・リュー
メアリー・サンシャイン : クリスティーン・バランスキー
マーティン・ハリソン : コルム・フィオール
フレッド・ケイスリー : ドミニク・ウェスト
ハニャク : エカテリーナ・シェチェルカノワ
ジューン : デイドレ・グッドウィン
アニー : デニーズ・フェイ
リズ : スーザン・マイズナー
[ 2020/11/02 15:00 ] ミラマックス | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ