蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

カラミティ・ジェーン

(ドラマ/ミュージカル)

『 カラミティ・ジェーン 』
原題 : Calamity Jane
製作 : 1953年
製作国 : アメリカ

1870年代、デドウッドという小さな町に、厄病神と仇名される射撃のうまいお転婆娘ジェーン(ドリス・デイ)がいた。彼女の親友ワイルド・ビル・ヒコック(ハワード・キール)は、女らしくないジェーンに対し単なる友だちとしてつき合っていた。ジェーンは内心ヒコックを愛していたが、彼が少しも反応を示さないのでギルマーティン中尉に近づいて行った。ジェーンは喜劇劇スターのアデレイド・アダムズを連れて来ると町の人に約束し、シカゴへ行ったが、アダムズの女中ケティ(アリン・アン・マクレリー)を本物とまちがえてしまった。かねて舞台に立ちたいと思っていたケティは、誘われるまま本物になりすまして町に乗りこんで来た。だがウソがばれ、怒った町の人たちはケティの出演する酒場を壊そうとした。ジェーンは、ケティにチャンスを与えるよう一同を説き伏せた。ケティの歌と踊りは素晴らしく、その上ギルマーティン大尉が彼女に参ったので事は面倒になった。しかし、ケティがジェーンに女らしく振舞うことをすすめたので、ジェーンは見違える程美しい娘になり、ヒコックも彼女を見直し、ヒコックとジェーン、ギルマーティンとケティの2組の新夫婦が出来上った。



主題歌 : 「シークレット・ラブ」 by ドリス・デイ (アカデミー歌曲賞受賞)


スタッフ :
監督 : デイヴィッド・バトラー
脚本 : ジェームズ・オハンロン
製作 : ウィリアム・ジャコブス
撮影 : ウィルフリッド・M・クライン
美術 : ジョン・ベックマン
音楽監督 : レイ・ハインドーフ
音楽 : サミー・フェイン
録音 : スタンリー・ジョーンズ、チャールズ・デイヴィッド・フォレスト
編集 : イレーネ・モーラ

キャスト :
カラミティ・ジェーン : ドリス・デイ
ワイルド・ビル・ヒコック : ハワード・キール
ケティ・ブラウン : アリン・アン・マクレリー
ギルマーティン : フィリップ・ケイリー
フランシス・フライヤー : ディック・ウェッソン
ヘンリー・ミラー : ポール・ハーヴェイ
ラットルスネーク : チャビー・ジョンソン
[ 2018/02/10 15:00 ] ミュージカル | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ