蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

ママが泣いた日

(ドラマ/ヒューマン)

『 ママが泣いた日 』
原題 : The Upside of Anger
製作年 : 2005年
製作国 : アメリカ

ママが泣いた日

母親と4人姉妹の女家族が織り成す、3年間のささやかな波乱の日々をつづった人間ドラマ。
ある秋の日、テリー(ジョアン・アレン)は夫が家を出て行ってしまったことに気付いた。恐らくスウェーデン人の秘書と駆け落ちしたのだろう。それまで優しい母親だったテリーは、帰省中の大学生の長女ハドリー以下4人の娘たちにまで怒りをぶつけ、母子の関係はぎくしゃくし始める。テリーが酒で憂さ晴らしをしていると、隣人のデニー(ケヴィン・コスナー)が裏の土地の開発の件で夫を訪ねてきた。テリーは追い帰そうとするが、事情を知ったデニーは同情し、飲み友達を買って出る。地元デトロイトのラジオ局でDJをしているデニーは、元野球選手なのに、野球の話をしたがらない変わり者。気ままな独り暮らしの彼は四姉妹とも気さくに接し、その後もしばしば訪れては夕食をごちそうになる。母につい皮肉を言ってしまうハドリーは、まもなく大学へ戻っていった。放送業界を目指している三女アンディは、デニーの紹介でディレクターのシェプの助手に採用され大喜び。しかし、大学に進学させるつもりだったテリーは怒りに震える。冬。末娘のポパイは片想いをしていた転校生ゴードンとちょっぴり進展する。"男は片親に弱い"というアンディのアドバイスのおかげだ。次女エミリーはダンスの練習に打ち込むが、父への手紙をめぐって母と口論になる。ハドリーが大学の卒業式を迎え、娘の晴れ姿を誇らしく思うテリー。ところがハドリーはテリーの知らぬ間に妊娠し、結婚まで決めていた。憤慨し、両家の祝いの席で酔いつぶれたテリーは、酔いの醒めた後でさすがに後悔する。彼女は娘たちのために裏の土地を売る決心をするが。



スタッフ :
監督 : マイク・バインダー
脚本 : マイク・バインダー
製作 : アレックス・ガートナー、ジャック・バインダー、サミー・リー
撮影監督 : リチャード・グレイトレックス
美術 : クリス・ループ
音楽 : アレクサンドル・デスプラ
編集 : スティーヴ・エドワーズ、ロビン・セールズ
衣装 : デボラ・スコット

キャスト :
テリー・ウルフマイヤー : ジョアン・アレン
デニー・デーヴィス : ケビン・コスナー
アンディ・ウルフマイヤー : エリカ・クリステンセン
ポパイ・ウルフマイヤー : エヴァン・レイチェル・ウッド
エミリー・ウルフマイヤー : ケリー・ラッセル
ハドリー・ウルフマイヤー : アリシア・ウィット
シェプ : マイク・バインダー
ゴードン : デーン・クリステンセン
[ 2021/04/09 15:00 ] ヒューマン | TB(-) | CM(-)
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ