蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

アンダーワールド エボリューション

(アクション/ホラー)

『 アンダーワールド: エボリューション 』
原題 : Underworld: Evolution
製作 : 2006年
製作国 : アメリカ

アンダーワールド エボリューション

吸血鬼の女戦士が宿敵の狼男族と繰り広げる新たな戦いを、両種族創世にまつわる謎を絡めて繰り広げる。『アンダーワールド』の直接の続編に当たるアクション・ホラー映画第2弾である。
ヴァンパイアの闇の処刑人セリーン(ケイト・ベッキンセール)は、一族を治めるビクターが自分の家族を虐殺していた事実を知り、長老である彼を殺して敵討ちに終止符を打った。しかし、同族であるヴァンパイアから追われる身となる。唯一の味方であるヴァンパイアとライカン(狼男族)の混血種マイケル(スコット・スピードマン)と共に追っ手から逃れる彼女の前に蘇った長老マーカスが現れ、マイケルのペンダントを奪おうと襲う。セリーンは一族の年代記編者であるタニスの元へ向かい、種族の創世にまつわる秘密を聞く。それは、ビクターだと信じられてきたヴァンパイアの始祖は、本当はマーカスであったこと。また、マーカスの双子の兄弟ウィリアムが最初のライカンであり、その凶暴性を抑圧するため、ビクターに数世紀にわたって監禁されていること。そして、ウィリアムの牢獄を建築したのはセリーンの父親だった。牢獄の秘密を知り過ぎてしまったために、セリーンの家族は殺害されたのだ。マーカスが狙うペンダントこそが、ウィリアムの牢獄の鍵だった。ビクター亡き今、セリーンが牢獄の場所を知る唯一の生存者である。その後セリーンは、マーカスとウィリアムの父であり、ヴァンパイアとライカンの先祖でもある最初の不死者アレクサンデルの元へ行く。ビクターが自分の体内に埋めていた牢獄のもう1つの鍵も、既に彼の元にあった。そこへセリーンを追ってマーカスが現れた。マイケルに致命傷を与え、1つ目の鍵を奪ったマーカスはセリーンに襲い掛かり、牢獄の場所も知られてしまう。父であるアレクサンデルまでも襲った彼は、2つ目の鍵も奪い取りウィリアムの牢獄へ向かう。この事態に、不死者の祖である自らの血をセリーンに吸わせるアレクサンデル。セリーンだけがこの兄弟を止められる唯一の希望だった。闇の世界を終結させる最後の闘いが、いま始まる。



スタッフ :
監督 : レン・ワイズマン
脚本 : ダニー・マクブライド
原案 : レン・ワイズマン、ダニー・マクブライド
製作総指揮 : レン・ワイズマン、ダニー・マクブライド、スキップ・ウィリアムソン、ジェームズ・マクウェイド、テリー・A・マッカイ
製作 : トム・ローゼンバーグ、ゲイリー・ルチェシ、デヴィッド・コーツワース、リチャード・ライト
撮影監督 : サイモン・ダガン
美術監督 : パトリック・タトポロス
編集 : ニコラス・デ・トス
衣装デザイナー : ウェンディ・パートリッジ
作曲 : マルコ・ベルトラミ
視覚効果スーパーバイザー : ジェームズ・マクウェイド

キャスト :
セリーン : ケイト・ベッキンセイル
マイケル・コーヴィン : スコット・スピードマン
マーカス・コルヴィナス : トニー・カラン
クレイヴン : シェーン・ブローリー
ロレンゾ・マカロ = アレクサンドル・コルヴィナス : デレク・ジャコビ
ビクター : ビル・ナイ
アンドレアス・タニス : スティーヴン・マッキントッシュ
ウィリアム・コルヴィナス : ブライアン・スティール
[ 2021/05/09 15:00 ] ホラー | TB(-) | CM(-)
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ