蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

パンズ・ラビリンス

(アクション/ファンタジー)

『 パンズ・ラビリンス 』
原題 : Pan's Labyrinth
製作 : 2006年
製作国 : スペイン、メキシコ

Pan's Labyrinth

残酷な現実と恐怖の幻想世界を行き来する少女の心の闇を、圧倒的な映像美で描き出すダーク・ファンタジー。
1944年のスペイン。内戦終結後もゲリラたちはフランコ将軍の圧政に反発していた。そのため、緑深い山奥でも血なまぐさい戦いが繰り広げられていた。おとぎ話が大好きな少女・オフェリア(イバナ・バケロ)は、臨月を迎えた母カルメン(アリアドナ・ヒル)と共に、その山奥にやってきた。駐屯地を指揮するフランコ軍のビダル大尉(セルジ・ロペス)と母が再婚したからだ。しかしビダル大尉は、ゲリラの疑いがあるというだけで農夫親子を惨殺するような残忍な男だった。ビダル大尉を恐れるオフェリア。一方、小間使いのメルセデス(マリベル・ベルドゥ)は実はゲリラ軍の協力者だった。大尉の元に潜り込んで、ゲリラ軍に情報を流していたのだ。そんなメルセデスと仲良くなるオフェリアだが、ある日、ひょんなきっかけから不思議な迷宮(ラビリンス)に迷い込んでしまう。そこには山羊の頭と体をしたパン(牧神)がいて、彼女に驚くべき事実を告げた。オフェリアは魔法の王国のプリンセス、モアナの生まれ変わりに違いないと言うのだ。そして満月の夜が来るまでに三つの試練に耐えられれば、両親の待つ魔法の王国に帰ることができると言う。その言葉を信じたオフェリアは三つの試練に立ち向かう決心をするのだった。こうして幻想の世界にのめり込んでいくオフェリアの周りでは、ついにゲリラ軍とフランコ軍の、血で血を洗うような戦いが始まる。



スタッフ :
監督 : ギレルモ・デル・トロ
脚本 : ギレルモ・デル・トロ
製作総指揮 : ベレン・アティエンサ、エレナ・マンリケ
共同製作総指揮 : エドムンド・ヒル・カサス
製作 : エストゥディオス・ピカソ、テキーラ・ギャング、
 エスペラント・フィルモイ
プロデューサー : ギレルモ・デル・トロ、バーサ・ナヴァロ、
 アルフォンソ・キュアロン、フリーダ・トレスブランコ、
 アルバロ・アウグスティン
撮影 : ギレルモ・ナバロ
美術 : エウジェニオ・キャバレロ
音楽 : ハビエル・ナバレーテ
音響 : マルティン・エルナンデス
編集 : ベルナート・ヴィラプラナ
特殊メイクアップ : ダビド・マルティ、モンセ・リベ

キャスト :
オフェリア : イバナ・バケロ
パン : ダグ・ジョーンズ
ヴィダル : セルジ・ロペス
カルメン : アリアドナ・ヒル
メルセデス : マリベル・ヴェルドゥ
Dr.フェレイロ : アレックス・アングロ
ガルセス : マノロ・サロ
ペドロ : ロジェール・カサマジョール
[ 2021/05/21 15:00 ] ファンタジー | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ