蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

ファイナル・デッドコースタ

(アクション/ホラー)

『 ファイナル・デッドコースター 』
原題 : Final Destination3
製作 : 2006年
製作国 : アメリカ

ファイナル・デッドコースター

ジェットコースター事故による“死の運命”から逃れた若者たちを襲う。ホラー・シリーズ「ファイナル・デスティネーション」、「デッドコースター」に続く第3弾目。
ハイスクールの卒業イベントとしてやってきたアミューズメント・パークで、ウェンディ(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)がジェットコースターに乗り込むと、突如、このジェットコースターはクラッシュし、多くの死者が出るとの予知夢を見る。パニックを起こしたウェンディは係員によって降ろされ、彼女の友人たちもまたジェットコースターを降りる。その直後、ウェンディが見た夢のままに、走り出したジェットコースターは、乗っていた人々ごと地面にたたきつけられた。ウェンディとともにジェットコースターを降り、九死に一生を得たケヴィン(ライアン・メリマン)はウェンディに、過去の奇妙な出来事について話し始める。6年前、修学旅行でパリに向かう途中、一人の生徒が飛行機の爆発を予言し、機を降りた7名はその後次々と謎めいた死に方をした。そして、同様の事件は、3年前に起きたハイウェイの事故でも繰り返されたというものだった。そしてその後、あの日ジェットコースターから降りたアシュレー(シャーラン・シモンズ)とアシュリン(クリスタル・ロウ)が日焼けサロンで変死を遂げる。やはり“死の運命”からは決して逃がれられないのか。ウェンディは、事故の夜にパークで撮った写真の中に、まるでゲームのヒントを示すかのように、自分たちの“死”が暗示されていることに気がつく。ウェンディはこれが“死”の仕掛けているゲームなのだ、と確信。次に“死”が狙うのは誰か、ウェンディはあの予知夢を必死に振り返ろうとする。だが、そんなウェンディの前で“死”は次々と人間の命を奪ってゆく。“死”をかわすことは可能なのか? だが、彼女自身に残された時間もあとわずかだった。



スタッフ :
監督 : ジェームズ・ウォン
脚本 : ジェームズ・ウォン、グレン・モーガン
製作 : ジェームズ・ウォン、グレン・モーガン、クレイグ・ペリー
撮影監督 : ロバート・マクラクラン
編集 : クリス・ウィリンガム
音楽 : シャーリー・ウォーカー
VFX監修 : アリエル・ヴェラスコ=ショウ

キャスト :
ウェンディ・クリステンセン : メアリー・エリザベス・ウィンステッド
ケヴィン・フィッシャー : ライアン・メリマン
イアン・マッキンレー : クリス・レムシュ
エリン・ウルマー : アレックズ・ジョンソン
フランキー・チェックス : サム・イーストン
ジュリー・クリステンセン : アマンダ・クルー
ルイス・ロメロ : テキサス・バトル
アシュレー・フロインド : シャーラン・シモンズ
アシュリン・ハルペリン : クリスタル・ロウ
ジェイソン・ワイズ : ジェシー・モス
キャリー・ドレイヤー : ジーナ・ホールデン
[ 2021/05/23 15:00 ] ホラー | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ