蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

バベル

(ドラマ/ヒューマン)

『 バベル 』
原題 : Babel
製作 : 2006年
製作国 : アメリカ

バベル

一発の銃弾をきっかけに、モロッコ、アメリカとメキシコ、日本のドラマが同時進行していく人間ドラマ。
モロッコ。幼い兄弟のアフメッド(サイード・タルカーニ)とユセフ(ブブケ・アイト・エル・カイド)は、親から一挺のライフルを手渡される。試し撃ちとして、ユセフは山道を走るバスを狙って一発の銃弾を放った。その観光バスに乗っていたのが、アメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)。彼らはまだ赤ん坊だった三人目の子供が急死してから、夫婦の絆の亀裂を修復できずにいた。そんな時、ユセフの放った弾丸がスーザンの鎖骨の上に命中する。リチャードは血まみれのスーザンを抱えて医者がいる村へと走った。アメリカに残された彼らの幼い子供たち、兄のマイク(ネイサン・ギャンブル)と妹のデビー(エル・ファニング)は、メキシコ人の乳母アメリア(アドリアナ・バラッザ)に連れられてメキシコに向かう。リチャードとスーザンが帰国できなくなったので、アメリアは息子の結婚式に子供たちを連れていくことにしたのだ。やがて問題のライフルの書類上の所有者が、日本人の会社員ヤスジロー(役所広司)だと判明。彼は最近妻が自殺したことで激しい心労を抱えており、聾唖である高校生の娘チエコ(菊地凛子)との溝が深くなっていた。チエコは友人たちと渋谷で遊び回り、自宅に若い刑事(二階堂智)を呼び出して裸で迫るが、刑事に拒否される。そんな時、息子の結婚式を負えたアメリアは、再び子供たちと国境に向かう。だが飲酒運転がバレた甥のサンチャゴ(ガエル・ガルシア・ベルナル)は、アメリアと子供たちを砂漠に置き去りにして逃走してしまった。翌朝、灼熱の太陽に意識が薄れていくデビー。泣きながら助けを求めるアメリア。一方、リチャードは衰弱しているスーザンと久々に優しい語らいの時を過ごす。そして日本では、チエコの心の傷に気づいたヤスジローが、久々に娘を抱きしめるのだった。



スタッフ :
監督 : アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
脚本 : ギジェルモ・アリアガ
原案 : ギジェルモ・アリアガ、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
製作 : アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、ジョン・キリク、スティーヴ・ゴリン
共同製作 : アン・ロアク
撮影監督 : ロドリゴ・プリエト
美術 : ブリジット・ブロシュ
音楽 : グスターヴォ・サンタオラヤ
編集 : スティーヴン・ミリオン
衣装 : マイケル・ウィルキンソン
キャスティング : フランシーヌ・マイスラー、奈良橋陽子

キャスト :
リチャード・ジョーンズ : ブラッド・ピット
スーザン・ジョーンズ : ケイト・ブランシェット
ユセフ : ブブケ・アイト・エル・カイド
アーメッド : サイード・タルカーニ
アブドゥラ : ムスタファ・ラシーディ
アメリア : アドリアナ・バラッザ
サンティアゴ : ガエル・ガルシア・ベルナル
マイク・ジョーンズ : ネイサン・ギャンブル
デビー・ジョーンズ : エル・ファニング
アンワー : モハメド・アクザム
国境の警察官 : クリフトン・コリンズ・Jr
綿谷安二郎 : 役所広司
綿谷千恵子 : 菊地凛子
真宮賢治 : 二階堂智
[ 2021/05/29 15:00 ] ヒューマン | TB(-) | CM(-)
カレンダー
02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ