蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

スパイダーウィックの謎

(アクション/ファンタジー)

『 スパイダーウィックの謎 』
原題 : The Spiderwick Chronicles
製作 : 2008年

スパイダーウィックの謎

森の奥の屋敷に隠された書物を発見したことから、少年少女の冒険が繰り広げられるファンタジー。
森の奥にひっそりと佇む朽ち果てた邸宅。そこへ、一組の家族が引っ越してくる。双子の兄弟ジャレッドとサイモン(フレディ・ハイモアの二役)、姉のマロリー(サラ・ボルジャー)そして母親のヘレン(メアリー・ルイーズ・パーカー)。ある日、ジャレッドたちは偶然、屋根裏部屋を発見する。そこには、80年以上前に屋敷に住んでいた大叔父アーサー・スパイダーウィック(デヴィッド・ストラザーン)が記した“謎の書”が保管されていた。その書には“決して読んではいけない”という警告とともに様々な妖精たちの秘密が書き留められていた。だが、ジャレッドは警告を無視して書物を開いてしまう。すると、ジャレッドの前に妖精が現れ、彼のせいで邪悪なゴブリンが目覚めてしまったと告げる。そして、サイモンはゴブリンに襲われ、森へ連れ去られてしまう。ジャレッドはなんとかサイモンを助け出すが、マロリーと三人でいるところを再びゴブリンに襲われる。妖精たちに襲われる理由を知ろうと、三人はアーサーの娘であるルシンダ叔母さん(ジョーン・プロウライト)を訪ねる。叔母さんは、秘密の書は妖精たちを危険に陥れるもので、それを狙うゴブリンから身を守るために、アーサーは妖精によって連れ去られてしまったと語る。そして、秘密の書を読んでしまった三人が助かる方法は、スパイダーウィックに会い、書を処分してもらうことだという。早速家に戻ったジャレッドたちは空飛ぶグリフィンを呼び出し、125年間、妖精の世界に連れ込まれていたスパイダーウィックに出会うことに成功する。しかしそのとき、秘密の書がすりかえられていた事に気付いた三人は、引き返してゴブリンたちに立ち向かうことにするが。



スタッフ :
監督 : マーク・ウォーターズ
脚本 : カーリー・カートパトリック、デヴィッド・バレンバウム、ジョン・セイルズ
原作 : トニー・ディティルリッジ、ホリー・ブラック
製作総指揮 : ジュリア・ピスター、トニー・ディティルリッジ、ホリー・ブラック
製作 : カーリー・カートパトリック、マーク・カントン、ラリー・フランコ、エレン・ゴールドスミス・ヴァイン
撮影 : カレブ・デシャネル
美術 : ジェームズ・ビッセル
音楽 : ジェームズ・ホーナー
編集 : マイケル・カーン
衣装 : ジョアンナ・ジョンストン、オデット・ガドリー

キャスト :
サイモン/ジャレッド : フレディ・ハイモア
マロリー : サラ・ボルジャー
ヘレン : メアリー=ルイーズ・パーカー
マルガラス : ニック・ノルティ
ルシンダ叔母 : ジョーン・プロウライト
アーサー・スパイダーウィック : デヴィッド・ストラザーン
ホグスクイール : セス・ローゲン
シンブルタック : マーティン・ショート
[ 2021/08/28 15:00 ] ファンタジー | TB(-) | CM(-)
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ