蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

(アクション/ファンタジー)

『 ベンジャミン・バトン 数奇な人生 』
原題 : The Curious Case of Benjamin Button
製作 : 2008年
製作国 : アメリカ

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

80歳の赤ん坊としてこの世に誕生し、激動の20世紀を生き抜いていく主人公の切ない恋を語り明かす。
ハリケーンが近づく病院で、老女が娘に向かって語りはじめる。それは80歳の老人として生まれ、次第に若返っていった男の数奇な半生の物語だった。その男、ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)は1918年、ニューオリンズで生を受けた。産むと同時に母は死に、父は呪われた赤ん坊と彼を老人養護施設に捨てる。それを拾ったのは、黒人の介護士であるクイニー(タラジ・P・ヘンソン)だった。彼女は、その赤ん坊をベンジャミンと名付け、自分の子供として育てることを決める。12歳になったベンジャミンは、施設の入居者の孫娘であるデイジーと出会う。6歳のデイジーは、老いた子供であるベンジャミンに親しみを感じた。やがて、ベンジャミンは船で働きはじめる。女と酒の味を覚えた彼は、ボタン工場のオーナーと知り合う。その男は、ベンジャミンの父だった。ベンジャミンのその後が気になり、彼に接近したのだ。36年、施設から独立したベンジャミンは恋を知り、第二次世界大戦の戦火もくぐり抜けた。45年、施設に戻ったベンジャミンは、成長してバレエダンサーとなったデイジー(ケイト・ブランシェット)に再会する。デイジーに思いを寄せるベンジャミンだが、彼女はバレエに夢中だった。そんなデイジーが交通事故に遭い、ダンサー生命を絶たれたとき、二人は結ばれる。やがて、デイジーは娘を産む。父から受け継いだボタン工場を売ったベンジャミンは、デイジーと娘に財産を残して放浪の旅に出る。それは、自身の人生を確認するためのものだった。旅から帰ってきた時、デイジーには夫がいた。外見は少年ながら、内面は老人になり果てたベンジャミンを見守るのは、夫を亡くしたデイジーだった。そして、赤ん坊の姿でベンジャミンはこの世を去る。長い物語を娘に語り終えて、老いたデイジーも息をひきとった。外では、カトリーナ台風が近づいてきていた。



スタッフ :
監督 : デヴィッド・フィンチャー
製作 : キャスリーン・ケネディ、フランク・マーシャル、シーアン・チャフィン
原案 : エリック・ロス、ロビン・スウィコード
脚本 : エリック・ロス
撮影 : クラウディオ・ミランダ
特殊メイク : グレッグ・キャノム
音楽 : アレクサンドル・デスプラ
美術 : ドナルド・グライアム・バート
編集 : カーク・バクスター、アンガス・ウォール
衣装 : ジャクリーン・ウェスト

キャスト :
ベンジャミン・バトン : ブラッド・ピット
デイジー・フューラー : ケイト・ブランシェット
エリザベス・アボット : ティルダ・スウィントン
トーマス・バトン : ジェイソン・フレミング
ムッシュ・ガトー : イライアス・コティーズ
キャロライン・フューラー : ジュリア・オーモンド
7歳のデイジー : エル・ファニング
クイニー : タラジ・P・ヘンソン
ドロシー・ベイカー : フォーン・A・チェンバーズ
キャロライン・バトン : ジョーアンナ・セイラー
ティジー : マハーシャラルハズバズ・アリ
マイク船長 : ジャレッド・ハリス
ベンジャミン(1935-1937年) : トム・エヴェレット
ベンジャミン(1932-1934年) : ロバート・タワーズ
12歳のベンジャミン(1991年) : スペンサー・ダニエルズ
8歳のベンジャミン(1995年) : チャンドラー・カンタベリー
6歳のベンジャミン(1997年) : チャールズ・ヘンリー・ワイソン
セオドア・ルーズベルト : エド・メッツガー
11歳のデイジー : マディセン・ベイティ
グランマ・フューラー : フィリス・サマーヴィル
プレザント・カーティス : ジョシュ・スチュワート
デイジーの友人 : ビアンカ・チミネロ
説教師 : ランス・E・ニコルズ
[ 2021/09/07 15:00 ] ファンタジー | TB(-) | CM(-)
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ