蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

ランボー 最後の戦場

(アクション/アクション)

『 ランボー/最後の戦場 』
原題 : Rambo
製作 : 2008年
製作国 : アメリカ

ランボー 最後の戦場

ベトナム戦争で心に傷を負ったランボーがミャンマーの軍隊相手に、死闘を挑むアクション。
元グリーンベレーであり、ベトナム戦争の帰還兵であるジョン・ランボー(シルベスター・スタローン)。これまで、数々の伝説を生み出したきた彼だが、現在はタイ北部の小さな村で孤独に暮らしていた。故郷のアメリカに背を向けるかのように…。タイの隣国であるミャンマーでは、軍隊による武力弾圧の内戦が長期化して泥沼状態に陥っていた。独立を勝ち取ろうとするカレン族は、情け容赦のないミャンマー軍から迫害を受け、その殺戮ゲームは女性や子供たちにも及んでいた。そんなカレン族に医療品を届けようとするボランティアグループが、ランボーにボートでの道案内を依頼する。メンバーのひとりであるサラ・ミラー(ジュリー・ベンツ)の真摯な眼差しに心を動かされたランボーは、その仕事を引き受ける。ミャンマーの海賊からの襲撃も切り抜け、ランボーはグループを目的地へと届けた。数日後、サラたちがミャンマー軍によって拉致されたとの知らせが届く。救出のため雇われた5人の傭兵を同じ場所に送り届けるランボー。しかし、ミャンマーの惨状は傭兵たちの想像を超えるものだった。地雷を沈めた水田に村人たちを走らせて、誰が生き残るかを賭けるゲームに耽るミャンマー軍の残虐さは、傭兵たちを恐れさせるのに充分だった。彼らが撤退しようとしたとき、ミャンマーの兵士の頭部を矢が貫き、次々と射殺していく。それは、20年ぶりに戦士となったランボーの仕業だった。臆病風に吹かれた傭兵たちに、ランボーが叫ぶ。「ムダに生きるか、何かのために死ぬか、お前が決めろ!」夜の闇にまぎれてサラたちの救出に成功するランボーだが、そんな彼らをミャンマー軍が追いかける。激闘が始まった。その末に、苦い勝利を噛み締めるランボー。そしてランボーは、数十年ぶりに生まれ故郷へと帰る。しかし、老いた父が暮らす生家のドアを叩くことなく、去っていくのだった。



スタッフ :
監督 : シルヴェスター・スタローン
製作 : アヴィ・ラーナー、ケビン・キング、ジョン・トンプソン
製作総指揮 : ランドール・エメット、ジョージ・ファーラ、ダニー・ディムボート、ボアズ・デヴィッドソン
脚本 : シルヴェスター・スタローン
撮影 : グレン・マクファーソン
衣装 : リズ・ウルフ
音楽 : ブライアン・タイラー
美術 : フランコ=ジャコモ・カルボーネ
編集 : ショーン・アルバートソン
ライン・プロデューサー : ラス・マーコヴィッツ、マット・オトゥール

キャスト :
ジョン・ランボー : シルヴェスター・スタローン
サラ・ミラー : ジュリー・ベンツ
マイケル・バーネット : ポール・シュルツ
スクールボーイ : マシュー・マースデン
ルイス : グレアム・マクタビッシュ
Rev. Arthur Marsh : ケン・ハワード
ディアス : レイ・ガイエゴス
エン・ジョー : ティム・カン
リース : ジェイク・ラ・ボッツ
[ 2021/09/15 15:00 ] アクション | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ