蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

ホワイト・クリスマス

(ドラマ/ミュージカル)

『 ホワイト・クリスマス 』
原題 : White Christmas
製作 : 1954年
製作国 : アメリカ

アーヴィング・バーリンの原案作詞作曲になる色彩ミュージカル。
1944年冬。有名な人気歌手のボブ・ウォレス大尉(ビング・クロスビー)や芸人のフィル・デイヴィス(ダニー・ケイ)の属するアメリカ陸軍の第151部隊は前線でクリスマスを迎えたが、部隊長ウェイヴァリー少将が転任と決まったので一同の表情は淋しそうだった。そのとき敵機の爆撃が始まり、ボブは危いところをフィルに救われた。戦争が終わり、除隊したボブとフィルはティームを作って舞台に出、大成功を収めた。2人は更にティームを強化しようとしてマイアミのナイトクラブに出演しているベティ(ローズマリー・クルーニー)とジュディ(ヴェラ・エレン)を見に行き、たちまち、ボブはベティが、フィルはジュディが気に入って、2人をヴァーモント州パイン・トリーへスキーに行こうと誘った。4人がパイン・トリーに着くと、まだ雪がなく、しかもがら空きのホテルの主人はウェイヴァリー将軍だった。ボブは将軍自ら下働きする姿を見るに忍びず、客集めにホテルでショーを催す計画を立てた。ボブに呼び寄せられて芸人はぞくぞく集まってきた。ボブとベティは互いに好き合っていたが、どっちも口に出しては言えなかった。ボブが将軍には内緒でニューヨークへ行ってテレヴィに出演し、旧第151部隊の将兵にホテルへ来るよう呼びかけたのを、ベティはショーの宣伝に将軍を利用したものと誤解して一座から去っていった。やがてクリスマス当日、ボブ以下一同は軍服を着て将軍と対面した。そこへ誤解のとけたベティも駆けつけ、折りから降り出した雪のなかに“ホワイト・クリスマス”のショーが幕を切っておとされた。そして、ボブはベティと、フィルはジュディと抱き合った。



主題歌 : 「ホワイト・クリスマス」 by ビング・クロスビー & ダニー・ケイ


挿入歌 : 「Love, You Didn't Do Right By Me」 by ローズマリー・クルーニー

ダンサー役のジョージ・チャキリス

スタッフ :
監督 : マイケル・カーティズ
脚本 : ノーマン・クラスナ、ノーマン・パナマ、メルヴィン・フランク
製作 : ロバート・エメット・ドーラン
撮影 : ロイヤル・グリグス
美術 : ハル・ペレイラ
音楽監督 : ジョセフ・J・リリー
音楽 : アーヴィング・バーリン
編集 : フランク・ブラクト
作詞 : アーヴィング・バーリン
主題歌 : ホワイト・クリスマス
音楽演奏 : ロバート・アルトン

キャスト :
ボブ・ウォレス : ビング・クロスビー
フィル・デイヴィス : ダニー・ケイ
ジュディ・ヘインズ : ヴェラ=エレン
ベティ・ヘインズ : ローズマリー・クルーニー
ウェイヴァリー将軍 : ディーン・ジャガー
エマ・アレン : マリー・ウィックス
ジョン : ジョン・ブラシア
スーザン・ウェイヴァリー : アン・ホイットフィールド
ダンサーの一人 : ジョージ・チャキリス(ノンクレジット)
[ 2020/12/23 15:00 ] クリスマス | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ