蒼色の月明かりの下で

心に残る昔の名画。

慕情

(ドラマ/ラブ・ロマンス)

『 慕情 』
原題 : Love is a Many-Splendored Thing
製作 : 1955年
製作国 : アメリカ

ベルギー人と中国人の血を引くハン・スーインの自伝をもとに映画化された作品。
中国人とイギリス人のハーフで女医のハン・スーイン(ジェニフ ァー・ジョーンズ)は、国民政府の将軍の夫人だったが、良人が共産軍との戦いで戦死してからは、香港病院で働いていた。ある日、病院の理事長の家でカクテル・パーティが開かれたとき、彼女はアメリカの従軍記者マーク・エリオット(ウィリアム・ホールデン)と知り合った。マークにはシンガポールに妻がいるが、性格が合わないとでもいうのであろうか、夫婦仲は冷たかった。初めはスーインもマークと深入りしないように警戒していたが、何となく彼が好ましく、マークが仕事のためシンガポールに出かけたときなど、いい知れない淋しさに襲われるのだった。やがて、海へ遊びに行ってから、2人は完全な恋人同志になっていた。マークは妻と正式に離婚して、スーインと結婚すると誓った。だが彼の妻は離婚に同意しなかった。スーインはそれを聞いて、マークを優しくいたわるのだった。その後、マークがマカオに出張すると、スーインは理事長の反対を押しきってマカオに向かった。2人の楽しい週末もほんのひとときに過ぎない。朝鮮に戦争が起こったためマークは現地へ急行しなければならなかったからである。スーインは理事長にさからってマカオに行ったことから、病院に勤めることができなくなり、友達のノラの家に寄寓することになった。彼女は毎日マークに手紙を書き、また彼からの便りを読んで淋しさをまぎらしていたが、ある日マークは共産軍の爆撃で帰らぬ人となった。新聞でそれを知ったスーインは、マークと共に永遠の愛を語り合った思い出の町を歩いたが、再び病院に戻り医術に全生涯を捧げようと決心するのだった。



主題曲 : 「Love is a many splendored thing」 (アカデミー歌曲賞受賞)
by マット・モンロー


スタッフ :
監督 : ヘンリー・キング
脚本 : ジョン・パトリック
原作 : ハン・スーイン
製作 : バディ・アドラー
音楽 : アルフレッド・ニューマン
撮影 : レオン・シャムロイ
編集 : ウィリアム・H・レイノルズ

キャスト :
ハン・スーイン : ジェニファー・ジョーンズ
マーク・エリオット : ウィリアム・ホールデン
アデリーン・パーマー=ジョーンズ : イソベル・エルソム
スザンヌ : ジョージャ・カートライト
ハンフリー・パーマー=ジョーンズ : トリン・サッチャー
Dr.ジョン・キース : マーレイ・マシソン
アン・リチャーズ : ヴァージニア・グレッグ
ロバート・ハン : リチャード・ルー
ノラ・ハン : ソー・ヨン
Dr.セン : カム・トン
第三の叔父 : フィリップ・アーン
[ 2018/04/05 15:00 ] ラブ・ロマンス | TB(-) | CM(-)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ